効率よく気持ちよく清水寺、金閣寺、銀閣寺へ行く方法(京都本ライターの私ならこうする)

広告

ハイシーズンになると、京都のバスは時間通りに来ない…!ので、効率良く京都観光をしたいという方へ、名所スポットを取材しまくってきた京都本ライターとして、「こうやったら効率よくお寺に行けるよ!」というのを、ここにまとめておこうと思います。

とにかく観光シーズンの京都の街中はバスが動きません。県外から来る自動車、観光バスで溢れかえっているからです。私は関西で言う「いらち」なので、とにかく渋滞でバスが進まない、動かないということに我慢がならない。

というわけで、同じような感覚の方に私だったらこの時期こうやって清水寺、金閣寺、銀閣寺に行くよ、という方法をお伝えしたいと思います。

とにかくバス以外の方法で京都駅を脱出すべし!

京都駅の中央改札口を出てすぐのところにあるバスターミナルは、トップシーズンにはたいてい行列しています。行列&満員バスが苦手なので、私なら清水寺へ行く場合、もういっそタクシーに乗ります。タクシーは駅前にたくさん待機しているので回転が早いのです。

京都駅から清水寺までは車で通常20分ほどで、たぶんタクシー代は1500円もいかないくらい。清水寺付近までタクシーで行くのは逆に時間がかかるので、少し手前の東山五条辺りで降りれば京都駅から15分ほど。それなら1200~1400円くらいだろうか?

東山五条で降りて、風情ある通り&お土産物屋も並ぶ五条坂を歩いて清水寺へ行くのがベストかと。

【清水寺】

京都駅

↓ タクシーで約15分

東山五条

↓ 徒歩約10〜15分

清水寺

京都駅から金閣寺・銀閣寺へ1本で行けるバスはもちろんありますが、ここでもまずバス以外の方法で京都駅を脱出。

【金閣寺】

地下鉄:京都駅

↓ 約13分(260円)

地下鉄:北大路駅
バス停「北大路バスターミナル」

↓ 約10分(230円)

金閣寺道

 

【銀閣寺】パターン1

地下鉄:京都駅

↓ 約10分(260円)

地下鉄:今出川駅
バス停「烏丸今出川」

↓ 203系統 銀閣寺・錦林車庫行き 約10分(230円)

バス停「銀閣寺道」

↓ 「哲学の道」を歩いて徒歩10分

銀閣寺

【銀閣寺】パターン2

京都駅

↓ 徒歩約15分。途中、鴨川を横切るので景色も◎

京阪:七条駅

↓ 約8分(270円)

京阪:出町柳駅
バス停「出町柳駅前」

↓ 約8分(230円)

バス停「銀閣寺道」

↓ 「哲学の道」を歩いて徒歩10分

銀閣寺

※バスの時間は参考までに。本当に驚くほど動かないときがある。

地下鉄も地下鉄1日乗車券(600円)があります。1区210円なので、こちらも3回乗れば元が取れます。さらには二条城・京都文化博物館・京都市動物園・京都市美術館など一部施設には、優待特典まで付いているよう。

京都の街は小さいのでレンタサイクルもおすすめ。

京都駅、レンタサイクルで検索するとちらほら周辺にお店があるよう。たとえばこんな。
京都ecoトリップ | 京都駅徒歩1分のレンタサイクル専門店

自転車で移動する場合、移動するのにどのくらいの時間がかかるかというと、私の場合、Googleマップで経路検索して、徒歩の時間の約半分くらいでいつも計算しています。

京都駅⇔清水寺は徒歩40分なので、自転車なら20分くらい。

地下鉄は移動するには早くていいけど、京都の街並が見られないのが残念なところ。ゆっくりと京都の街並みを見たいならレンタサイクル。ただし京都駅から北の方へ向かう場合、緩やかながら登坂になっているので、北へ行けば行くほど、ちょっとしんどい。

追加————————-
知り合いのライターさんから、自転車情報をいただきました。街中は駐輪スペースが少なく、またあったとしても毎回駐輪代を支払うとけっこうかかってしまうとのこと。そして、駐輪の仕方で近隣に迷惑かける&トラブルがあるなど、最近自転車には厳しいようです。ふむ。

そういえば、一部四条通は自転車走行禁止の道もあったりして。街中に住んでいる友人などは自転車でどこへでも優雅に行っていて、いいなぁと思っていたのですが、観光できた人が乗りこなすのは難しいかもしれない。でもまぁ、鴨川河川敷を走る、なんてくらいならきっとできる。

昨年、金沢に取材に行った帰り観光して帰ったのだけど、レンタサイクルのシステムがものすごく充実してて、すごく快適に効率よく回れて、京都も早く導入したらいいのになぁと思ったのを思い出しました。
————————-

そして、人が少ないうちにのびのびと拝観したいなら、何が何でも朝イチに行くことをオススメします。

清水寺は早朝6時、金閣寺は9時、銀閣寺は8時半(12/1からは9時)から拝観可能。朝の空気が清々しいし、人も少ないし、で本当に得した気分になれます。同じ行くなら朝!

そんな思いを込めて、2018年にはこんな本も出版しました!人ごみ、行列苦手!という人に特にオススメしたい!!

京都、朝あるき

京都、朝あるき

posted with amazlet at 18.08.11
ことり会
扶桑社 (2017-10-06)
売り上げランキング: 320,165

人が少ない朝は観光もしやすいし、人のいない写真も撮れるし、パスもスムーズに動いているし、いうことなし!

リーズナブルに回りたいなら1日乗車券カード

観光する時間はたっぷりあるという人や、1日かけて、いろんな場所にあちこち行きたいという場合、京都市バス、京都バスが便利です。

多少時間がかかってもいい、リーズナブルに回りたい場合は、市バス・京都バス一日乗車券カードをオススメします。カードは500円。バスの運賃は230円なので、3回乗れば元が取れます。

また、地下鉄とバス、両方が乗り放題になる「地下鉄・バス一日(二日)券」(大人900円)もあります。優待を受けられる施設もあるので、詳しくはこちらのサイトを参考に!

というわけで、とにかく少々の出費はもういいし、せっかく京都に来たのだから、効率よくかつ気持ちよく(←これ大事)
目的地へたどり着きたい、という方へ参考になりますように。

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!