「ニシダや」のしば漬け

  • ブックマーク

土曜日の朝って、1週間のうちで一番好きかも。
海外の旅モノのTV番組を見つつ、新聞をゆっくり読んで、
その後、大量のチラシを丁寧に見ながら、渡辺篤史の建もの探訪を見て…
というのが私の定番。うーん、至福のひととき。

さて、またまたお義母さんからのいただきもの。
今熊野にあるニシダやの「おらがむら漬」です。いわゆるしば漬け。

食卓にいつも並んでいるしば漬けでさえ、スーパーで買ったもんでなく
ザ・京都なところで購入しているしば漬けだった!
徹底している…。というか、それが普通ってところが、京都人って感じ。
やっぱり憧れるなぁ。

中身は、ナスやキュウリ、ミョウガ。
味は結構酸味が利いています。私にはちょっと酸っぱめかな。

これは漬物の包装紙。
女の人は、大原女かな。「おらがむら漬」を知らずとも
ジャケ買いしたくなるような、可愛らしさ。
パッケージからも、京土産にぴったりなんじゃ?

でも、こういう包装紙って、な~んか捨てられない。
使う当てもないけれど…。

ニシダや
住所:京都市東山区今熊野池田町6
電話:075-561-4740
時間:9:00~17:00  不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。