生命のメッセージ展in京都産業大学

広告

なるべく大勢の人に、どうしても行ってもらいたい展示会を紹介します。
今日から京都産業大学で始まる「生命(いのち)のメッセージ展」です。

生命のメッセージ展とは、犯罪・事故・いじめなどで、
理不尽に生命を奪われた犠牲者が主役という、今までにないアート展。
京都では初めて開催されますが、
これまでに全国各地で開催されています。

会場には、被害者と等身大のパネルが並んでいて、
足元には被害者が履いていた靴が置かれています(写真はin出雲でのモノ)

赤ちゃんや子どものパネルは本当に小さくて、母となった今、
我が子を亡くすとは、ご両親はどんな気持ちだろうかと思います。
想像もつきません。

そして、私の妹もこのアート展に参加しています。

私には2つ下の妹がいました。
でも、1999年のクリスマスの夜に、交通事故で亡くなりました。
飲酒運転の車が、センターラインを越え、
妹の乗っていた車に正面から突っ込んできたのです。

当時、妹は20歳で、大学卒業後は京都で就職して、
私と一緒に住むんだと言って張り切っていたのに。
振られてヤケになって飲酒運転なんかした人の犠牲になって、夢も希望も奪われて。
妹だけじゃない、私や家族や、恋人の夢も未来も奪って。

テーマが重いと感じる人もいるかもしれませんが、
改めて生命の大切さを考えてもらうためにも、
いろいろな人に行って、見て、感じてもらいたいと思います。

生命(いのち)のメッセージ展in京都産業大学

日時:11月18日(火)・19日(水)・20日(木)
時間:10:00~16:00
場所:京都産業大学 5号館1階

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。次回は、2019年10月23日(水)開催です!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!