フリーライター 江角悠子のプロフィール

  • ブックマーク

プロフィール欄、更新。
名刺がなくなったので新たに印刷、ついでに画像をアップ。
私の名刺はこんなです。

名刺には、世界一周に行くぞ!という思いを込めて飛行機のロゴを。
そして、最初は左を向いていた飛行機を、新たに印刷する際、右向きに。
祇園のとある老舗の社長に「右肩上がりになるように、飛行機は右を向いてないと!」
とアドバイスをもらい、刷った名刺が全てなくなるのを待って、ようやく変更。
右肩上がりに進んでいきますように(笑)

フリーライター:江角悠子(えずみゆうこ)
女優の江角マキコさんは、「えすみ」と読みますが
私の場合は「えずみ」と読みます。
ときどき「もしや、あの女優さんとご親戚?」と尋ねられることがありますが、
残念ながら、違います。「江角」とは、島根は出雲地方に多い名前なのです。

————————————————————–

1976年10月30日生まれ

広島市立翠町中学校卒業
島根県立出雲高等学校卒業

京都に住みたくて、広島修道大学から京都外国語大学に編入・卒業。
京都コンピュータ学院の職員、大阪の出版社、京都の広告代理店を経て、
2006年からフリーライターとして活動スタート。
2008年、第一子を出産

現在は、京都のフリーペーパーや雑誌、書籍を中心に執筆。
アートや雑貨(特に北欧モノ)、レトロな建物などに、いたく心惹かれます。

お店紹介、体験取材、インタビューと、いろいろあるお仕事の中でも
一番好きなのは、人物にスポット当てたインタビュー。
やっぱり人が一番面白い!

これまでのお仕事については、コチラ→

ご連絡やお仕事の依頼でメールをお送りいただく場合は、
コチラまでお願いします→mail:writer.ezumi@gmail.com
活動しているのは、主に月~金曜の9:00~18:00。
平日の月~金にメールをいただければ、翌日にはお返事させていただきます。

また、HPデザインを手がける「スタジオ彩稜」の一員としても活動中。
チラシやDM、名刺、版画、立体造形などなど、
HP以外のデザインに関するお仕事もアレコレ承ります!

詳しい内容については、スタジオ彩稜のホームページへ!

ツイッターやってます。
ezu1030

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。