「曼殊院門跡」地元京都本ライターが教える!京都で紅葉見るならここ!

  • ブックマーク

これまでに行って良かったなぁと思った紅葉スポットをいくつか紹介していこうと思います。

まずは曼殊院門跡。

 

これは何年か前に行った時の写真で、
現時点でどれだけ色づいているのか分かりませんが…。
ここは、京都市内でもちょっと北のほう、山の中にあるので、
清水寺や嵐山に比べるとまだ人が少なくて、
ゆっくり紅葉を見られました。

紅葉はたくさんあってきれいだけど、その分、観光客も大勢で
人を見に行ったんだか、紅葉を見に行ったんだか。
…では、もったいないので。
曼殊院のお庭の紅葉はホントキレイだったし、
ほどほどの人で、風情も味わえるようなところがお気に入り。

12月7日までは「上之台所」を特別公開しているよう。
古い建物好きには、これまた、たまらん感じの造りです。

曼殊院門跡
住所:京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
電話:075-781-5010
時間:9:00~17:00 (受付~16:30)
料金:大人500円

———-

「ジョゼ…」見終ってしまった。
初めての映画をチビチビ見るのはイヤだけど、
お気に入りの映画をこうして再び鑑賞するのは、いいものだ。

さて、街路樹のイチョウも黄色く色づき始めて、
ようやく京都も紅葉も見頃かな。
清水寺の夜間拝観も今夜から始まるようです。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。