知恩寺の古本市

  • ブックマーク

世間は3連休かぁ。
すっかりカレンダーと縁のない生活をしていますが。

京都市内は、昨日も今日も上空でヘリコプターがぶんぶん飛んでて、
京都御所の周りも厳戒態勢とか。
天皇さんが来てるんかな。

さて、10月30日から百万遍の知恩寺で始まった古本市に行って来ました。
いつもお盆に下鴨神社で開催される古本市に行きたいと思いつつ、
毎年帰省中でいけず。ようやく今になって古本市デビュー。

松本清張の短編でもちょうど、
古本屋で手に入れた本から始まる謎を解く…なんてのを読んでいたので
とってもタイムリー。

  

実は、古本って、まぁ言ったら古い本だし、
あんまり良いイメージがなかったのだけど、
行ってみたら、ぜーんぜんイメージと違ってた。
超!楽しい!! 大きな宝の山が目の前に!という感じ。
こりゃぁ本好きにはたまらんお祭りのようです。

1冊100円コーナーなんて、嬉しい企画もあり、
「私だけの1冊を見つけたい」「掘り出し物はないかな」
なんて思いで、ついつい見入ってしまいます。

 

児童文学書コーナーがあったので、松谷みよ子さんの本がないかなと
端から端まで見てみたのだけど、見つけられず。
でも、小さい頃読んでいて大好きだった王様シリーズを発見。
児童文学書をアレコレ見ていたら、本のタイトルやイラストと共に
その本を読んでいた頃の記憶が蘇ったりして、懐かし~い気持ちに。

11月3日までやっているので、連休中の予定の決まってない方、
ぜひお弁当持参で、1日ガッツリ宝探しをしてみてください!

第32回 秋の古本まつり 
10月30日(木)~11月3日(月・祝)
場所:知恩寺(京都市左京区田中門前町103)
時間:10時~17時
会場直通電話:075-724-4310(会期中のみ) 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。