紅葉がキレイな京都のお宿「鹿王院」

広告

今日、初めて赤子と2人きりの外出。
バスの中で泣かないか不安だったけれど、スリングの中で赤子は熟睡。
おまけに、バスではハットをかぶったダンディなおじいさまに
「座りませんか」と声を掛けてもらって、とっても幸せな気分に。
降り際にもお礼を言ったら、片手を挙げてニッコリ。
仕草までカッコイイおじいさまだった。

それにしても子連れの外出は、なんて気を使うんだ!
世の子育てをしているお母さんは、本当にスゴイ。

それでも「外出したいしたい病」は相変わらず。
今年の紅葉はどこへ見に行こうかなぁ考えたときに
思い浮かんだのが、鹿王院。

「京都でお泊り」で取材に行ったのだけど、
新緑の紅葉がそれはもうキレイだったので、
秋もさぞかしキレイだろうなぁとチェックしていたのでした。

 

門をくぐり抜けると、紅葉が並ぶ長い参道。
ここが真っ赤になるんだろうな。

ところで、お寺でお泊り?と意外に思ったかもしれませんが、
ココは、女性限定でお寺の宿坊に宿泊することができるのです。
おまけに1人1泊朝食付きで4500円と格安!

まぁ部屋はホテルと違って、テレビもなく、本当にシンプルな和室。
そしてお風呂やトイレは共同だけれど。

 

でも、庭に面したお部屋からは、嵐山を借景にしたこーんな広い庭を
望むことができるし、朝は30分ほどの座禅体験もできたり、
朝食は精進料理だったり。
これこそ究極に京都らしさを満喫できるお宿かも?

大勢の人でごった返す嵐山に近い割には、
意外と観光客が少ないというウワサ。
のんびり紅葉を楽しみたい人にオススメです。

地域情報なら、goo地域!

鹿王院
住所:京都市右京区嵯峨北堀町24
電話:075-861-1645

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!