紅葉がキレイな京都のお宿「鹿王院」

  • ブックマーク

今日、初めて赤子と2人きりの外出。
バスの中で泣かないか不安だったけれど、スリングの中で赤子は熟睡。
おまけに、バスではハットをかぶったダンディなおじいさまに
「座りませんか」と声を掛けてもらって、とっても幸せな気分に。
降り際にもお礼を言ったら、片手を挙げてニッコリ。
仕草までカッコイイおじいさまだった。

それにしても子連れの外出は、なんて気を使うんだ!
世の子育てをしているお母さんは、本当にスゴイ。

それでも「外出したいしたい病」は相変わらず。
今年の紅葉はどこへ見に行こうかなぁ考えたときに
思い浮かんだのが、鹿王院。

「京都でお泊り」で取材に行ったのだけど、
新緑の紅葉がそれはもうキレイだったので、
秋もさぞかしキレイだろうなぁとチェックしていたのでした。

 

門をくぐり抜けると、紅葉が並ぶ長い参道。
ここが真っ赤になるんだろうな。

ところで、お寺でお泊り?と意外に思ったかもしれませんが、
ココは、女性限定でお寺の宿坊に宿泊することができるのです。
おまけに1人1泊朝食付きで4500円と格安!

まぁ部屋はホテルと違って、テレビもなく、本当にシンプルな和室。
そしてお風呂やトイレは共同だけれど。

 

でも、庭に面したお部屋からは、嵐山を借景にしたこーんな広い庭を
望むことができるし、朝は30分ほどの座禅体験もできたり、
朝食は精進料理だったり。
これこそ究極に京都らしさを満喫できるお宿かも?

大勢の人でごった返す嵐山に近い割には、
意外と観光客が少ないというウワサ。
のんびり紅葉を楽しみたい人にオススメです。

地域情報なら、goo地域!

鹿王院
住所:京都市右京区嵯峨北堀町24
電話:075-861-1645

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。