京都・江戸時代創業の「本田味噌」

  • ブックマーク

昨日はいつも使っている味噌が切れたので買出し。
お義母さんが作る味噌汁が美味しいので、
どこのモノを使っているのか聞いたところ、
教えてもらったのがコチラ↓

京都御所の西側にある「本田味噌本店」。
いつもは高島屋で買っていたので、本店で味噌を買うのは初めて。
HPによると創業は江戸時代。皇室御用達のお店として始まったよう。

道理で、いい感じに歴史を感じられる町家造り。

お店にはホーントたくさんの種類の味噌があるんだけど、
私がいつも購入するのは「手しを造り 1kgカップ」(1554円)。
これで味噌汁を作ると料理ベタな私でさえ、
料亭並み…とまでは言わないけれど、どこか違う特別な美味しさ。
まろやかで、深~いコクがあって、味噌を変えただけで
こんなに違うものかーと驚いたくらい。

お店には、味噌を使ったケーキやクッキー、
また季節限定なのか「栗味噌」なんてのもあって、
果たして、どんな味なのか気になるところ。

本田味噌本店
住所:京都市上京区室町通一条558
電話:075-441-1131
時間:10時~18時 日休

 

—–
松本清張の小説、チビチビと4日かけてようやく読み終えた。
失踪した男には、地味で真面目な印象とは裏腹な
意外な秘密があったりして…
うーん、素晴らしく面白いお話だった!

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。