つれづれなるままに雑記…連休ってやつは。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

2016-09-17_051351580_8e8f4_ios

3連休、ようやく終わりましたね。

我が家は旅行へ行くとか遠出するとかそんな予定はなく、
家で3日間我が子とベッタリ過ごすこととなり、疲れ果てました、よ。

子どもたちが仲良く2人で遊んでるかと思えば、ふとしたことで1人が泣きだし、
一人をなだめるともう1人が泣きだし、結局何をどうしても2人で大号泣になり、うんざり。
落ち着いてまた遊びだしたかと思えば、またどちらかが泣き、一人をなだめるともう1人が
…以下同文。

おもちゃが散らかる阿鼻叫喚のリビングで何度途方にくれたことか。
朝ご飯終わったかと思ったらお昼ご飯の時間だし、お昼ご飯食べたら
眠くなってグズリだすし(寝りゃーいいのに)、全く泣きたいのはこっちだっつーの。

という3日間を終え、心底ほっとしながら3日ぶりにパソコンの前に座っています。

img_7261

とりあえず、仕事しよう…。
雨の日は、何かに包まれたような気になっていい気分で原稿が書ける、気がする。
警報出て保育園や小学校から呼び出しが来ませんように。

note書いてます!

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)はこちらから。

京都に暮らして22年、京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなども綴っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします