人は慣れ、そして飽きる。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

今月後半から、ダイヤモンド・プリンセスという大型客船に乗る船旅に出発します。日本を一周する9日間の旅。

パンフレットみたいな写真だけど私がスマホで撮りました。

2019年に初めてクルーズに行き、コロナ渦が明けた2023年に2回目のクルーズ。そして、今回が3回目となります。3回目となる今回の旅が終わったら、実はもうクルーズは当分行かなくていいかなと思っています。

私の一生の夢!と思って、あんなにも憧れていた船旅だったのに、何度か経験して、私はもうちょっと飽きてしまっているのです。

この感覚に気が付いたとき、我ながらびっくりしました。めちゃくちゃ恋い焦がれていた船旅に、たったの2回行っただけで、もういいかなと飽きてしまう自分に。

人というのは、良くも悪くも慣れてしまうものなんだなぁと思いました。慣れて、そして飽きてしまう。たとえ、それがどんなに好きだったとしても。

念願のクルーズに行ったときも思ったんです。

クルーズの料金には食事が3食分含まれていて、毎日のディナーには、フレンチのフルコースが食べられるようになっていました。しかもメインを2回頼んでも良いし、前菜だけ食べてもいい。デザートだって、全種類を注文してもいい。そんな、贅沢な(わがままな)貴族だけがするようなオーダーの仕方あるんや?…みたいな注文にも応えてくれる。

フルコースのディナーが毎日!

と浮かれていたのは、最初の3日くらいで、4日目くらいになるともう飽きてくるのです。

そしてフルコースに飽きた私たちが向かうのは、フードコート的なカジュアルなレストラン。そこで、うどんを食べてホッとするのです。

どんなに贅沢で豪華な食事も、たった3日で飽きるとは。

フルコースのディナーが毎日食べられる=極上の幸せ

と思っていたのに、毎日これかと思うと逆に辛い。

そして今回の豪華客船の旅に行けるというのも、私の理想であり、憧れであり極上の幸せ!と思っていたのに、3回目にしてちょっと飽きが来ているという事実。

この感覚に気が付いたとき、船旅を老後の楽しみに取っておかなくて良かったなと思いました。憧れが強ければ強いほど、長ければ長いほど、いざ体験してみて、こんなものか…となったときの落胆が大きいような気がする。

どうせこうなるんだったら、憧れとかあったら、さっさと体験してみるのが、一番良いのかもしれない。

憧れていて、でも手に入らなくて、しんどい。

という状況を長く引きずるより、背伸びしてでもさっさと体験しておく。すると意外と、こんなものかとなったりするのかもしれない。思ってたんと違うってたくさんあるんだろうけど、それは実際に体験してみないと分からないことも多い。

逆に猛烈にハマって、1週間のクルーズではモノ足りず、3ヶ月とかの世界一周の旅に出ていたかもしれない。

もしそうなるにしても、老後に気が付くより、早くにその魅力に気付いていた方が、実現できる可能性は高い(どっちにしろ早い方がいいと私は思った)

さて、旅に出るたびにやっている私のお気に入りの企画「クルーズ船からお手紙欲しい人」をまた今回もメルマガで募集しようと思っています。ちなみに前回はこんなでした。

気になる方はぜひ引き続き、メルマガをチェックしてもらえたらと思います!

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。