どうしてもトイレに行きたくない3歳児。

  • ブックマーク

 

寝る前に、歯磨きするのとトイレに行くというのは決まっているのに、毎日毎日懲りずにグズって嫌がる3歳児。歯磨きは仕上げ磨きをしてあげるからと言うと、しぶしぶやらせてくれるけど、なぜかトイレだけはどうしても嫌がって、「さっきもう行った!!!」と言い張って行かないことが多い。

そこで私は「夜中、トイレに行きたくなってもお母さんを起こさないでね!!一人で行くんだよ、行けるの?」と念を押す。ここで「それは嫌だ」と思い直してトイレに行ってくれるときもあるのだけど、昨日は「一人で行ける」と言い張るので、トイレに行かずに寝ることに。

すると案の定、真夜中にモゾモゾ、モゾモゾして「おかあさん、おしっこ〜」と言う。

ほらね?お母さん言ったよね? 夜中に起こされるのが嫌だから、あんなに散々言ったんだからね?

「お母さんは付いて行きません。一人で行ってね」と突き放したら、娘、号泣しながら、一人で階下のトイレへ。

な〜んで、トイレに行きたがらない????謎!!!

でも今日このツイートを見つけて…

前までは、おねしょせずに夜中に起きて「おしっこ」と教えてくれただけで、私も感動していたのになぁって思って、ちょっとかわいそうだったかなぁって思ったんだけど。

でもそれは寝る前におしっこすれば済む話だから!!行って!!!トイレ!寝る前に!お願い!!!母は、1秒でも長く寝ていたいから!!っていうただのグチです。ホントなんであんなに嫌がるんだろ。

 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。