どうしてもトイレに行きたくない3歳児。

  • ブックマーク

 

寝る前に、歯磨きするのとトイレに行くというのは決まっているのに、毎日毎日懲りずにグズって嫌がる3歳児。歯磨きは仕上げ磨きをしてあげるからと言うと、しぶしぶやらせてくれるけど、なぜかトイレだけはどうしても嫌がって、「さっきもう行った!!!」と言い張って行かないことが多い。

そこで私は「夜中、トイレに行きたくなってもお母さんを起こさないでね!!一人で行くんだよ、行けるの?」と念を押す。ここで「それは嫌だ」と思い直してトイレに行ってくれるときもあるのだけど、昨日は「一人で行ける」と言い張るので、トイレに行かずに寝ることに。

すると案の定、真夜中にモゾモゾ、モゾモゾして「おかあさん、おしっこ〜」と言う。

ほらね?お母さん言ったよね? 夜中に起こされるのが嫌だから、あんなに散々言ったんだからね?

「お母さんは付いて行きません。一人で行ってね」と突き放したら、娘、号泣しながら、一人で階下のトイレへ。

な〜んで、トイレに行きたがらない????謎!!!

でも今日このツイートを見つけて…

前までは、おねしょせずに夜中に起きて「おしっこ」と教えてくれただけで、私も感動していたのになぁって思って、ちょっとかわいそうだったかなぁって思ったんだけど。

でもそれは寝る前におしっこすれば済む話だから!!行って!!!トイレ!寝る前に!お願い!!!母は、1秒でも長く寝ていたいから!!っていうただのグチです。ホントなんであんなに嫌がるんだろ。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。