「鬼滅の刃」の映画を鑑賞!

  • ブックマーク

息子がサンタさんにもらった鬼滅の刃全巻。娘が寝かしつけのときに読んでほしいというので、絵本がわりに読んでいたら、私もまんまとハマった(笑)

created by Rinker
¥418 (2021/10/23 08:01:30時点 Amazon調べ-詳細)

そして、まっっったく興味のなかった映画まで見に行ってきました。

漫画の7〜8巻あたりが映画化されていて、私は事前に読んで内容を知っていたのだけど、やはり映像で見ると、また違う。

大人になってアニメを見ることは、ほとんどなかったのだけど、今のアニメの映像って、めちゃくちゃきれいなんだな!と感動(今さら)

森の緑とか、水とか空とか、すーごく美しくて見入ってしまった。

あと、戦うシーンが大音響すぎて、耳を塞ぎながら観ていたんだけども(耳を塞いでもセリフはしっかり聞こえる)、こんなに音が大きかったっけ?体に響いてくる感覚。

いやー、泣いた。6〜7回くらい泣いた。炭治郎の心の美しさと強さに泣いた。面白かったなー。

今、漫画は17巻まで読破。読み進めるほどに登場人物が増えてきて覚えられず、子どもたちに「これ誰だっけ?」と確認しながら読んでいます。髪形とか服とかちょっとでも変わるともう分からない…(私は図形を認識する能力が弱いのだなと思う)。

とはいえ、最近のお楽しみは、もっぱら寝る前のきめつタイム。最後どうなるんだろう。早く知りたいけど、まだまだ読み終わりたくないなー!!

おまけ。

映画は、イオンモール京都内にあるTジョイで見たのだけど、その前に「串家物語」でランチ。

バイキング形式で、好きな串のネタを取ってきて、自分で衣を付けて目の前で揚げるというもの。

子どもがやっても、私がやってもカラリと美味しく揚がるのすごい。大好きなヤングコーンを食べまくって大満足でした!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は2022年1月に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。