生きることは、行動すること。

  • ブックマーク

昨年12月に、第5期京都ライター塾を卒業した小澤まみさん。

卒業後は、講座内で作った企画書を持ち込み営業、この春からはWEBでの連載をスタート!ライターとして活動しています。

そんなまみさんが、こんなブログを書いてくれました。

ブログ記事「願いって叶うんだなぁと思ったこと」より

まみさん

(ライターとなり)小学生の頃に憧れていた働き方ができていて、家で仕事をするたび嬉しくなります。江角悠子さんの「京都ライター塾」を受けて本当に良かった。

夢を叶えるお手伝いができて良かったなぁとはもちろん思うのですが、まみさんが自分の夢を叶えたのって、自分は「こんな風に生きたい」とまずは自覚して、それを叶えるためには、どうしたらいいかを考えて、それに向かって、ちゃんと行動してきたからだと思うんですよね。

家で仕事をしたい。

それにはライターがいいのではないか。

ライターになるには、京都ライター塾へ行ってヒントをもらおう。

ライターとして活動するには、企画書が書けた方がいい。企画してサンプル原稿を書こう。

って、一つずつ着実に行動してきたから。

ライター塾でお伝えしたことが、ヒントになっていたら、それはとても嬉しいけれど、まみさん自身が行動しなければ現実は変わらないし、夢も実現しないから、そこはやっぱりまみさんの力。

スイスの哲学者、ルソーの言葉に

生きるとは呼吸することではない。
行動することだ。

とあるのですが(ちょうど日めくりカレンダーに書いてあった)

生きることは、行動すること。

あなたは夢を叶えるために、何か行動してますか?

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。