使う言葉に気を付ける。

  • ブックマーク

中2の息子が夏休み突入。

部活もしていない。
習い事もしていない。

やることといえばゲームか漫画かスマホのみ。
(いや、いいんだけど。でも、絶対的になにか足りない気がする)

あとは週何回か塾に行くだけの予定しかないという
彼の夏休みに不安を覚えて
夏休みは「日記を書いて」と課題を出した。

1日1ページ、書いてねと言うと
さっそく「無理」と言う。

「無理」というと、本当に無理になるのだ。
そこから一切の進展はない。

その言葉で、脳は思考停止する、と思う。

「無理」じゃなくて、無理かもしれないけど
どうしたらできるかな?と考えることが大事
なんだけどなぁと思う。

そんなことを考えていたら
マザー・テレサの言葉を思い出した。

——————-

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

——————-

最初、友だちがこの言葉を教えてくれたとき
私はまだよく理解できなかった。

あれから何年か経って、
そうか!とふと腹落ちする瞬間があった。

本当にそうだと思う。

俺には無理、できないと思っていたら
そう思っているからはじめから行動しないし
行動しなかったら、いつしか最初から
行動せずに諦めることが当たり前になるし
それが当たり前になったら、
「俺はどうせ何もできない」という人が
本当にできあがってしまう。
(やってないからできないのは当然なんだけど)

思考が全ての始まりだと私も思う。

最初から思考を変えるのは難しいかもしれないけど(瞬間的に思ってしまうから)、言葉を少しずつ変えることはできると思う。

無理!と言ってしまったら、
無理かもしれないけど、やってみようかなと言い直す。

最悪!と言ってしまったら、
でも逆にこれで良かったのかも、と言い直す。

言葉が変わると、つられて思考も変わる、と思う。

以前、Instagramで

私の気持ちを楽にしてくれた3つのアファメーション。

という投稿をしたけど
言葉を変えると、思考も変わって
思考が変わると行動も変わっていくのだと思う。

けっこう真剣に言葉の力を信じている。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。