トラットリア ニーノ

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

新しい本の取材が始まった昨日。
京都の魅力的な宿3軒を取材したのだけど、
どこも本当にすんごい素敵。
京都在住ながら、泊まりたい!と思える宿ばかり。
3軒とも京都らしいレトロな風情があって、
古い建物好きにはたまらん!興奮しっぱなしの取材だった。

いつかまた紹介できるかな。

夜は、カメラマンや東京からの編集者、
ライターの人たちと楽しい会食。
朝日会館のある北筋を東に入ったところにある「トラットリア ニーノ」へ。

町家を改装したお店で、外観はまるきり一軒家。
小さな看板を見逃さないように。

大勢で行ったのでコースではなく
単品をあれこれオーダー。

アナゴを使った前菜に、チーズがたっぷりかかった生パスタ、
メインに和牛ステーキなどなど。

アラカルトでアレコレ注文しちゃったけれど、
料理は、人数分ちゃんと分けられるように盛り付けられていて、
しかもパスタはちゃんとスタッフの人がお皿に取り分けてくれるなど、
気の利いた接客がすごく気持ちよかった!

料理も、どれもこれも想像以上においしくて、んー!としか言えない。
手打ちの生パスタは、しっかり弾力があって、モッチリ。
真ん中に穴の開いたストローみたいな変わったパスタもありました。

夜のコースには、女性のためのコースなんてのも用意されていて、
これがスープに、前菜、パスタ、メイン、ドルチェ、エスプレッソも
全て込みで3990円。
メニューを見ていたら、これも試してみたかったなぁ。

でも、おいしくてつい食べすぎてしまい、
本当にはちきれんばかりのお腹になって、大満足で帰ってきたのでした。

トラットリア ニーノ
住所:京都市中京区河原町三条上ル2筋目姫小路通り東入ル南側
電話:075-211-3373
時間:11:30~14:00 18:00~21:30