京都・下鴨の「加茂みたらし茶屋」

  • ブックマーク

取材帰りに下鴨神社の近くを通ったらどうしてもみたらし団子が食べたくなり、「加茂みたらし茶屋」へ。
みたらし団子発祥の店といわれているところ。

お茶屋さんになっているので、中で食べることもできるし、
持ち帰り用もあります。
ちなみに店内で頂くと、みたらし団子(3本、お茶付き) で400円。

持ち帰りは5本入りから。
購入したのは、10本入り1050円。
包みもレトロでいい感じ。

あつあつを持たせてくれたので、家に帰ってもまだ温かいままでした。
醤油ダレたっーぷりで、モチモチとした食感がおいしい。
あっという間に4本消費。

15日(木)には葵祭もあるし、祭見物のついでにみたらし団子でも。
当日はものすごい人かもしれませんが。

加茂みたらし茶屋


住所:京都市左京区下鴨松ノ木町53
電話:075-791-1652
時間:9:30~19:30 水曜(祝日の場合は営業)

—-

快晴の日曜日。
久々にカメラマン同行の取材!
しかも今日の取材は、同行するだけで原稿を書かなくていいので
まさに取材の楽しいとこ取り。

いつものカメラマンにも久々に会いました。
相変わらずの気持ちいい仕事っぷり。

2件だけ取材に同行した後、帰りがけに

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第4期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。