第6期京都ライター塾の全講義が終了!最終的には、自分が行動するかどうか、について。

  • ブックマーク

先週末の土曜日
第6期京都ライター塾の
最終講座が終了しました!

最後は、
自分の書きたい媒体に企画書を提出する
ことを想定して「企画書を書く」
という課題をやってもらいました。

フリーランスは自分で
仕事をとることができないと
仕事がありません。

待ってるだけで依頼が来るようになれば
全然いいと思うのですが
いかんせん、最初はなかなか難しい。

なので、
自分から仕事をとれるようになっておくと
どんどんやりたい仕事ができるようになります。

そのためには
どんな風に企画すればいいのか?
企画が通るために何が必要なのか?
といったことを講座では考えてもらいました。

果たして、提出してもらった企画書は
どれも力作で、その記事はぜひ読んでみたいなぁと思うようなものばかり。

ブラッシュアップして
編集部等にアタックしていってもらいたいなと思います。

で、受講生の中には
前回の講義で学んだことをすぐに実践→
全講義が終わる前にライター仕事を獲得する
という強者もいました(笑)

すごい。

どうやってやったんですか?

と聞いたら、

講座でやり方を聞いたので、言われたとおりにやったらいけました(笑)

とのことで、そう!そうなんです(笑)

講座の中で、やるべきことは
全部伝えているので、
最終的には、自分が行動するかどうか、なのです。

京都ライター塾では
ライター未経験の方も
ちょっと繊細な方も
4カ月で「書くことを仕事にする」ために
必要なことを「ひととおり」お伝えしています。

というわけで、ライター塾の卒業は
ライターとして活動を始めるためのスタート地点に立つということ。
終わりじゃなくて、始まり。

これからの皆さんの活躍を楽しみに、引き続き、
応援させてもらいたいなぁと思っています。

4ヶ月間、本当にお疲れさまでした〜!

さて、第7期京都ライター塾
7月8日(金)13時〜にスタートします。

6月には
無料説明会+プチレッスンの開催を
予定しています。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

ただいま第7期生(グループ講座)を募集中です。※マンツーマン講座は満席となりました。