BTSに始まりBTSに終わる6月|6.28(月)〜7.2(金)

  • ブックマーク

6/28(月)

朝から1日、寺尾祐子さんの「方眼ノートベーシック講座」を受ける。寺尾さんはPRプロデューサーで、ライティングコンサルタントでもあり、文章塾の主宰もされている方。

「方眼ノートベーシック講座」の最初にあった言葉「メモとノートは違う」を聞き、まずびっくり。私がふだん書いているのは、ただのメモだった。それを「ノート」にするには?ノートの書き方なんて、書くだけでしょ…と思っていたけど、全然違った。情報を整理する書き方を教えてもらって、それに当てはめて書くだけで見事に、自分の思考が整理される。思考がクリアになって、伝えたいことを、どう伝えたら、相手に届きやすいか?ということも分かった。

ライティングコーチやライター塾でも活用できるすごいワザを手に入れた気分。もう昨日までの私とは違う!という気すらしてくるな。

6/29(火)

朝から、琵琶湖沿いのコワーキングスペースへ行く。

BTSの動画も見つつ。

家を出たときは曇り空だったけど、着いたら晴れ間も出てきて、本当にここはただのリゾート地って感じ。職場ではない…が、マジメな私は淡々と仕事をした。

6/30(水)

普段の授業とはまた別の、大学で「インタビュー講座」。インタビューに興味があると言う教授先生まで参加してくださって、なんかもうキンチョーしたのか、汗がダラダラ流れ落ちるんですけど。

先生が、講座終わりに私のところまで寄ってきてくださって、「講座、ワクワクしました!ありがとうございました!」とキラキラした目で言ってくださって、私は心底うれしい。こんな若造にもきちんと敬意を持って接してくれる教授。

6月最終日。水無月を買って帰り、家族みんなで食す。

7/1(木)

いつもの授業の日。今月末で前期が終了してしまう。アポ入れのやり方、インタビューのやり方、原稿の書き方などひと通り伝えておかないと終われない…!

講義終わりでスポーツジム。ピラティス50分。いつもと違う動きもあってきつかった(翌日、筋肉痛がきた)。が、地味な動きばかりのピラティス。なんか、もっと体を動かしたいと思う。踊りたい。BTSをはやく。

7/1を6/31だと言い張る娘。カレンダーに勝手に書き足してる。

7/2(金)

朝からZoom3本立て。書きたいけどなかなかうまく書けない人、ライターに興味がある人、ライター塾を検討しいる人。たくさんお話をする。

そして、お話した方全員にもれなく「BTSにハマってますね(笑)」と言われる。自分の好きなことを「好き〜!!」と発信するのって、「どう思われるだろうか」って不安はあるのだけど、中には面白がってくれる人もいるんだなぁって思うと、安心して言い続けようと思ったりするな。だって、好きなものはしょうがない。

BTSの動画は、これまでYouTubeでばかり見ていたのだけど、「dTV独占配信!ここでしか見られないBTS映像見放題」に釣られて、ついに課金をしだした私。ちびちびBTS動画を見るのが日々の楽しみ。どれだけのコンテンツがあるんだ。大量すぎて、2〜3年はこれで生きていけそうだよ。

出遅れたけど、こちらの雑誌も購入済み。届くのが楽しみ。

夜、夫が前から食べてみたかったという「なめろう」を作ってくれる。金曜の夜は、たいていつまみメニュー。ま、私が飲むのはノンアルのスパークリングワインだけれども。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。