グイグイ売り込むのが苦手でも仕事が来る方法。

  • ブックマーク

=========

【募集期間は7月7日まで】

続々とお申し込みいただいております!!

「ライター診断セミナー」

お申し込みはこちらからどうぞ↓
https://w-koharu.com/seminar_request

=========

7月30日からスタートする
第5期「京都ライター塾

プレ講座として
「ライター診断セミナー」を
ただいま受付中ですが
読者の方から、こんな質問をいただきました!

【質問】

仕事の都合で7月のライター塾に
参加できるかどうかは分からないのですが、
大丈夫でしょうか?

【答】

もちろん、大丈夫です!

セミナーを受講したからと言って
ライター塾に参加しないといけない!ということはありません。

まずは体験してもらって
受講するかどうかは
ご自分で決めてもらいたいと思います。

人って、自分で決断しないと
結局行動できないので、
迷いつつ参加してもらっても結果が出ない。

なので、その場で参加するかどうかは
もちろん決めなくていいのです。

私はグイグイ、圧で押してくる人が
大の苦手なので、自分は絶対に
そんなことをしたくないし
グイグイ来られると、むしろ
逆を向いて、全力で逃げたくなる。

ので…まぁ最終的に
受講したい人だけ来てねという感じです。
必要とする人には最大限応えたい!とは思うけれど、そうではない人に無理やり来てほしいとは思っていない。

で、グイグイいけない私、
つまり自分から売り込むとか
営業とかまったくできない、
したことのない私が
フリーランスで働き出して
お仕事をいただけるようになったのは
やはり情報発信していたからで、
セミナーでは、そのあたりのお話も
詳しくできたらなと思っています。

自分から売り込まなくても
売れる方法はいろいろある。

その1つがブログやTwitterなどでの
情報発信です。

わたしの場合、ブログ経由での仕事依頼が7〜8割くらい、あるかもしれせまん。

第4期の雨宮さんも情報発信を続けたことで
大手企業からコラムの依頼がありました。

雨宮さんは受講を決める前に
体験レッスンを受けてくれたのですが
「今すぐには無理だけど、ちゃんとお金貯めて来期か来来期絶対受けます」と言ってくれて、一度お断りの連絡をもらいました。

が、結局数日後、申し込んでくれたのです(笑)

雨宮さんが参加を決意するまでの
揺れる心の内を書き残してくれています。


今やいろんなWEBサイトで記事を書く
売れっ子ライター、1期生のかおりさんも
noteを書いてくれています。

【書くを仕事に!京都ライター塾】に参加を決めるまで

というわけで、無理強いしませんので(笑)
(セミナーの受講料も払ってもらうことですし。私の場合、無料だとより断りづらいので、有料にしているというのもあります)

まずは「ライター診断セミナー」
気軽に参加してみてください!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。