梅雨の晴れ間こそ最高に気持ちいい|6.19(土)・20(日)

  • ブックマーク

週末の朝ご飯はパン。ご褒美のパン。玉子とハムをはさんだホットサンドにする。録画しておいたBTSが出てる歌番組を娘と一緒に見る。かっこよ!

玄関に出てみたら、沙羅双樹の花が咲いていた!いつの間にか。3つだけ花を咲かせて今年はおしまい。あっという間に咲いてあっという間に落ちる。

朝から雨で憂鬱なんだけど夕方からキャンプへ行くので、午後から食材の買い出し。今回は料理上手なシェフがいるので(友だちの旦那さん)、我が家は簡単な朝ご飯の材料やおやつなどを購入。

テンション上がらないまま、小雨降る中キャンプ場へ。

夫や友だち家族は夜12時くらいまで話してたらしいけど、朝を気持ちよく迎えたくて、私は10時過ぎに娘と就寝。そしてキャンプの朝。曇ってたけど徐々に晴れてきた。この!気持ちよさを味わうためにキャンプへ来たのだ。

誰かが用意してくれたおいしいもの食べて、しゃべって、飲んで、山の空気を吸ってリフレッシュ。暑くもなく寒くもなく、空気は澄んでいて。実は、梅雨の晴れ間が一年で一番気持ちがいいときなのかもしれない。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)