名古屋ふらり旅(4)…まるでトトロの世界!洋館「二葉館」

  • ブックマーク

名古屋に出張に行った際の、名古屋ふらり旅…「洋館めぐり」ラスト一軒。
ここは、日本初の女優と謳われた川上貞奴と、
電力王と称された福沢桃介の邸宅を移築・復元したという二葉館

この色鮮やかなオレンジ色の屋根と立派なエントランス!
一目見て、「トトロの世界!」って思いました。アニメから飛び出してきたよう。
こんな素敵な家が現実に存在するなんて。

受付の方に写真撮影&ブログ紹介の了承を頂いて…。
さぁ中へ。


中は、ちょとしたお城のようでした。
ダンスホールのような大広間に、らせんの大階段。


ステンドグラスも美しく。


元は食堂だったという空間に貞奴の生涯を紹介するパネルや、
女優として活躍していた頃の資料が展示してありました。

とにかく広い、大豪邸。 



2階にあがったところ。


外のテラス。


この辺もトトロの世界っぽい。おとぎの国にきたような。


と、こうして洋館を満喫した後は、これまた甲斐みのりさんの本で紹介されていた純喫茶へ。
場所が遠かったら諦めようと思っていたのですが、
二葉館からちょうど歩いて5分くらいのところ。

すっかり日も暮れてきたのですが行かない手はない。
純喫茶ボンボンで至福のお茶タイムです。続く。

東海道新幹線 各駅停車の旅
甲斐 みのり
ウェッジ
2013-06


 
名古屋ふらり旅(1) 
名古屋ふらり旅(2) 
名古屋ふらり旅(3) 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。