下鴨デリ…旬野菜のデリが勢ぞろい!京都・下鴨神社すぐそば

  • ブックマーク

こんにちは。京都で活動するフリーライターの江角悠子(@ezu1030)です!

私がときどきスタッフとしてお世話になっているお店「下鴨デリ」を、改めて紹介します。

下鴨神社の散策前後に立ち寄りたい

下鴨神社からすぐそばに位置するこちら、デリ&カフェとして楽しめる1軒です。

店内には大きなショーケースがあって、旬野菜をたっぷり使った、洋風デリが常時13~16種ほど並んでいます。これらはテイクアウトもできるし、もちろん店内でいただくこともOK。

ananの取材で初めて「下鴨デリ」を訪れたとき、このたくさんの中から、好きなデリが選べるワクワク感はなに!と小さく感動。
見た目も彩り華やかで、可愛いらしいし!

取材時に、このスタイルにした理由を尋ねたら、オーナーの婦木さんが、たしか「いろいろなお店で働いてきたけれど、ケーキのショーケースの前で嬉しそうに選ぶお客さんの笑顔が印象的だったから」と答えてくれた(と思う)

今、デリで接客をしていて、それは本当に思うことで、「あぁ!どれにしようかな!」と嬉しそうに選んでいるお客様を前にすると
こちらまで幸せな気持ちになってくるという。

野菜は、なるべく農薬を使わず育てる「丹波の婦木農場」から届けられる新鮮野菜。
(こちらの農場、先日LIFE~夢のカタチという番組で取り上げられていました!)
定番メニューはあるものの、この届けられる野菜によって、デリの内容が決まるというところが私は好きです。

今が旬の野菜ありきでデリが作られるということ。
あとお肉は、黒毛和牛や黒沢牛を扱う銀閣寺 肉の大西のお肉を使っていたり、
働き出して、もっとそこアピールしたい!ということがたくさん出てきました。

ランチメニューはお総菜3種付き

img_1471

お昼は、好きなお惣菜が3種選べる「デリランチ」やお持ち帰りできる「デリボックス」などあるほか、食事以外にスイーツも用意してあるので、ちょっとしたカフェ使いもOK。

 

すぐ近くに人気のパン屋さん「ナカガワ小麦店」 もあるので、ここでバゲットを買って、デリでお惣菜を買って、下鴨神社の糺の森や賀茂川の河川敷で ピクニックをするのもお薦めです。

(今は寒いですけどね)お子様用の取り皿とかフォークも用意してあって、子連れにもやさしいので、お母さん方もぜひ。



仕込みのお手伝いをちょっとだけさせてもらっていて、それがとっても楽しく、もっとあれこれできるようになりたいなと思いつつ
なんせ月に1~3回しか行ってないので(笑)、料理の腕は進化しておらず。

それでも、お店で教えてもらったことはすごくたくさんあって、
真似して家でも、それ風なデリをいろいろ作っています。

定番メニューのエビとブロッコリーと卵のサラダ。
アンチョビの塩気がポイント。これ簡単で本当おいしいし大好き。 レシピはこちら

 

下鴨デリのFacebookページでは最新情報をお知らせしています。

今は、クリスマスパーティにぴったりなオードブルやローストビーフなどのメニューも。ぜひぜひチェックしてみてください。

 

というわけで、今日は3週間ぶりの下鴨デリ出勤です。
行ってきやす。

 

下鴨デリデータ

〒606-0816 京都府京都市左京区 下鴨松ノ木町 51 プラザ葵1F
075-702-3339
11:00〜19:30(LO-19:00)
水曜定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。