京都・祇園「ぎおん石」の2階 … 八坂神社前の穴場的喫茶室

広告

anan編集部の方と初顔合わせしたお店がすんごく素敵だったので紹介。

それは、八坂神社のすぐ目の前にある「ぎおん石」というお店の2階にある喫茶室。

1階は天然石や化石などが並んでいるその名の通り「石」のお店で、喫茶室へは1階奥にあるエレベーターで行きます。

本当にここにお店が? と不安になりながら行きましたらば、すーごく素敵な空間が広がっていたのでした。


祇園 ぎおん石 京都

いつもいつも大勢の人で賑わう八坂さんの真ん前にありながら、ここだけは人が少なく、すごく静かでゆったりとした空間。こんな贅沢な場所が、祇園のど真ん中にあったなんて、全然知りませんでした。

そして立地もいいけど、空間が、しつらえがすごくイイのです。昭和な感じの古めかしい雰囲気。

 

飛び出した照明がことのほか印象的。この造り、なんだか大阪万博を思わせます。


祇園 ぎおん石 京都
で、編集部の方は、取材お疲れさまということでおビールを(笑)ビール(おつまみ付き)650円。

いい絵だったので写真を撮らせてもらいました。


祇園 ぎおん石 京都
私はカフェラテ。季節ごとにかわるケーキも人気だそうで。

3階には、お蕎麦がいただけるお食事処「京そば処」が。サイトを見る限り、こちらの空間も素晴らしいので古い建物好きの私としては、この空間を見るためだけにでも行きたいくらい。

観光に疲れたらぜひ、いや疲れなくてもここを目指してぜひ。

ぎおん石 2階喫茶室

 

————–

ananは週刊誌なので、来週の水曜日にはもう次の号になっています。書店やコンビニに並ぶのは1週間だけ。。。なんかもうMOOK本にして通年置いておいてほしいくらいの内容だと思うんだけど。気になる方は今のうちにぜひ。

で、今朝、取材させてもらったお店から電話があって、「なんかミスしたかな!?」とドギマギしながら出たところ、「きれいに載せてもろてありがとう」って
おまけに「10冊購入したいんだけど」って、ものすごく嬉しい電話だったのでした。

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!