梅雨入り前、ウッドデッキのオイル塗り

  • ブックマーク

庭のウッドデッキ、オイルが剥げてきていたので天気がいいうちに塗ることにしました(夫が)。

先月から「やろう、やろう」と言いつつ延び延びになっていたのだけど、沖縄と九州南部は早くも梅雨入りというニュースを聞いて、慌ててやることに。

手作りウッドデッキ、8年くらい経ってだいぶ年季が入ってきた。けど、まだまだ頑張ってもらわねば。

今回使ったオイルは、オスモカラーのラーチ。

前回塗ったのはパインというカラー。パインは少し黄色みが強かったけれど、ラーチは茶色が濃い印象。

2度塗りして、1缶750mlをちょうど使い切るくらい。

created by Rinker
オスモ&エーデル
¥5,292 (2022/05/24 07:10:48時点 Amazon調べ-詳細)

来年塗るときの参考にメモ。

追記

オイルを塗った翌日。オイルがしっかり雨を弾いてくれていました!!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第6期は満席となりました!

第7期は夏以降開催予定です。