続・ぬか漬け生活…アボカド漬けてみた。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

ことり会が連載を持っている「日本の結婚式」のロケハンにて、

漬物教室に行ったことで、6月末から突然始まった私のぬか漬け生活。


無題

なんとかまだ持っています。

かきまぜるのを怠り、3回くらいカビを生やしてしまったけれど、

表面のカビだけ取り除いて、何とかかんとか続いています。

9月に入って取材続きだったけれど、

水木曜とずーっと家にこもって原稿を書いていたおかげで

書き終えられそうなめどが立ち、心の余裕ができたので、

何日かぶりでぬか漬けかきまぜてみました。




何かのテレビで、アボカドを漬けたらおいしいって言っていたので、早速。    




どんな仕上がりになるのだろう、ワクワク。

ぬか床をかきまぜると、ホント高級美容液でも塗りたくったかのように

手がツルスベになるので、毎日ちゃんと続けられたらいいのだけど。

ちゃんとかきまぜられた日は、心がすっきり。

夕飯どきにキッチンに立ったの2週間ぶりくらいではなかろうか。とつぶやくと

夫が遠くから「そうやで!」と言っていました。

(そう、連日夫が夕飯を作ってくれていた…ありがとう)

—-

さて、本日は下鴨デリ店員の日です。

今日が終われば、連休突入という人も多いのではないでしょうか。

仕事が滞るので「フリーランス的には連休いらんよな!」

っていう会話をこないだしたとこですが。

やっぱり連休ってワクワクしますね。

皆さま、よいシルバーウィークを!

では、行ってきます。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。