【ライターお悩み相談室コラム】人と比べない!比べるべきは過去の自分。

  • ブックマーク

書くことを仕事にしたい人のためのライター塾
書くを仕事に!京都ライター塾」を主宰する
フリーライター歴15年の江角悠子です。

このコラムではこれからライターを目指す人、
ライターになったけど悩んでいる人に向けて
ヒントとなることを目指して綴っていきます。

昨日はライター仲間と
「大人の遠足第3弾」として、
長楽館のアフタヌーンティーへ行ってきました。

取材じゃないし原稿も書かなくていいため
誰も味の表現に凝らない。

ただひたすら「おいしい」「おいしい」(語彙力)と言いながら、スイーツを満喫しました。

で、昨日話した中で一番印象的だったこと。

ライターの大先輩が
どう頑張っても1日に最高1万字しか書けない
と言っていたという話。

1日に1万字も書けたら、
私だったらバンバンザイ!
それ以上何を望むんだ?と思うんですが、
当人にしたら「1万字しか書けない」という
感覚なわけです。

そういう人たちと
比べちゃいけないよねぇ(笑)
という話をしたんですが、
ホントそうだなぁと思って。

例えば、私は吉本ばななさんの書く文章が好きなんですが、昔は「なんで私は吉本ばななさんのような文章が書けないんだろう」と思ってたんですよね。悔しいなぁって(笑)

今考えたら、は?誰と比べてるの?
って話なんですけど。

また別のときには。
知り合いのライターさんに
すごくたくさん仕事してる人がいて、
私なんて、たったこれだけの仕事量…
って、落ち込んだときがあったのですが
あるとき気付いたのが、
私は今、子育てをしてるということ。

比べていたのは、
独身のライターさんだったのです。

子育てしてる人とそうでない人とは
圧倒的に自由時間が違うはずなので
そもそも前提が違うのに、
比べるのもおかしいなぁって気が付いて。

そこからは、比べなくて良かったんだと
すごく気が楽になりました。

そもそも人と比べなくていいんだなぁ
とは思いつつ、それでもまだ比べてしまうけど。
でもやっぱり

1日1万字書ける人と比べない。
立場が違う人と比べない。
そもそも人と比べない。

比べるべきは、過去の自分だけと
言い聞かせています。

昨日の自分よりちょっとでも成長できてたら
それでもう充分じゃないのかなぁと今は思います。

いつかは、1日1万字書けるようになりたいけれども!!!

その方は確か50〜60代とかなので
その年になった頃、そんな風に言えているように
とにかくまぁ書き続けるしかない。
昨日の自分より少しは成長しているように。

これからライターを目指す人へのヒントがぎゅっと!
メールマガジンは登録した次の日から7日間、毎朝午前11時に届きます。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。