44歳のひとり旅日記(02)大津島の小屋場只只へ

  • ブックマーク

前回からの続き。

ホテルを出た後、幼なじみの車に乗って、一路、山口県徳山へ(もうここでひとり旅では、なくなっているけれど)

目指すは徳山港から船に乗って30分、大津島にある「小屋場只只」というお宿。

一日一組限定という特別感たっぷりの宿へ。

船から見る瀬戸内海の景色がもう、すでに最高だった。

そして!着いた宿が!!!

さらに最高だった!!!

この眺めを独り占め!

鳥肌が立つほどの絶景。

他の人のブログ記事でこの眺めを事前に見て知っていたけど、生で見る迫力よ。全然ちがう。この場のエネルギーがすごい。

そして部屋が隅々まで素晴らしくセンスよく、上質で、どうやったらこんな空間ができるのか。

アンティークの家具が各所に置かれている。最高。

無駄なものが一切ない、洗練された空間。

興奮冷めやらぬ中でいただくウェルカムドリンク。激ウマ(語彙)

幼なじみが撮影した奇跡の一枚をみてほしい。

沈みゆく夕陽の美しさ。

この眺めを見るためだけに来るべき宿なのかもしれない。

あらゆるところが素敵すぎて、一度に紹介しきれない。

(03)に続く。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第8期京都ライター塾、受講生募集中/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。第8期は2023年1月からスタートします。

ただいま、受講生を募集しています!(※残席1)