【冬の家時間】削って楽しい!スクラッチアートにハマる。

  • ブックマーク

先日、友人家族とキャンプに行ったとき、5歳の娘ちゃんが楽しそうにやっていた塗り絵のようなもの。

「それ何?」と聞いたら、スクラッチアートというものだそう。

ディズニーのスクラッチアート

黒いシートにあらかじめ描いてある線を削っていくと、キレイな色が出てきます。

そういえば昔、いろんな色を塗った上から、真っ黒のクレヨンで塗りつぶして、削って遊んでいたなぁと思い出しました。

懐かしい!それは手が真っ黒になったものだけど。

削るだけで簡単に絵が描ける快感と削りきったあとの達成感!

スクラッチアートは先が細いペンで、カリカリと削る作業が楽しく、さらに削るとこ〜んなに美しい作品に仕上がるのがうれしい!絵を描くのが苦手な私も、ものすごく素晴らしい作品を完成させた気になれる(笑)

試しにスクラッチアートをやらせてもらった我が家の娘もすっかりハマり、即日購入。子供から大人まで一緒になって楽しめるのがいいなと思いました。

カリカリしてる間は夢中で「無」になれるのも気持ちいい。しかも子どもも黙って集中して作業してくれるので、いい(笑)外食するときなどこれを持っていったら、静かに作業してくれて場が持つ!

ネットで検索してみると、いろんなシリーズがあり、6歳の娘にはディズニーのイラストを。

その後、妹が楽しそうに削っているのを見ていた上の子も欲しいと言い出して、また別のスクラッチアートを購入。

いろんなイラストがあって、あれもこれも欲しくなってしまう。

あちこち出かけられない冬の家時間にぴったりだなぁと思います。引きこもりの今年の冬、いろんな作品を完成させてみようと計画中。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。