トラベラーズノートのスケジュール手帳、再始動!

  • ブックマーク

昨年末、手帳をアクションプランナーに変更とブログで紹介していましたが、
今年の9月くらいから、トラベラーズノートの手帳を使っておりました。

アクションプランナーを本命にすると、トラベラーズノートは使い道がなく、
デスクの一番よく見える位置にずっと置いて(放置して)あったのですが、
なんとなく、この見かけの良さに負けて、やっぱりこちらの手帳を使いだしていたのでした。笑。

手帳に関しては、わたくしお気に入りがあったら、使いかけでも、変更してしまいます。
毎日使うものなので、好きなものを使って気分よく過ごしたい。

そしてやっぱり革は、使い込むと風合いが変わってきますね。これがいーんですよね。


トラベラーズノート、カスタマイズ

ちなみに去年は、こんな。

で、今はこうなりました。

ボンドでぺたっと貼っていただけの切手が、鞄の中で簡単に取れてしまったので、
違うものに貼り直しています。そして、マスキングテープではがれないように対策。

シールのひび割れもすごい。 ゴムの色も変えてみました。
そして、ゴム部分のプレートをやめて(大きくて使いにくかった)、
私の大好きなアンティークキーのチャームをプラス。
カスタマイズすると、ますます愛着が湧いてきます。

飽き性なのでトラベラーズノート以外にも、よい手帳はないか常に目を光らせているのですが、
今のところ、これ以上に魅力を感じる手帳がなく、
引き続き2013年もトラベラーズノートを使うことに。

2013年版の【週間バーチカル】ダイアリー1890円と、【月間】ダイアリー 840円を購入。
「丁寧な暮らし」に憧れるわたし、「今日もていねいに」と最初のページに書き込んでみました。

昨年は、「どうせダメならやってみよう」と自分の座右の銘を書いていましたが、
手帳を開くたびにここに書いた言葉が目に入り、意識できるので、
我ながらいいなって思っています。笑。

新アイテムを投入。真鍮のクリップ。見た目もいいし、ガシッとノートをはさんでくれる。
「3」という数字のフォルムがよくて、「2」を飛ばして、「3」を使っていますが。

また進化したら、ブログにアップしまーす♪

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。