【おうち時間を楽しむ】レストラン「新門前米村」のオリジナルクッキーをお取り寄せ!

  • ブックマーク

ミシュラン2つ星獲得のレストラン「新門前米村」のオリジナルクッキーをお取り寄せしてみました。

私が主宰する「京都ライター塾」卒業生で、ライターの太田かおりさんがデジスタイル京都の記事で紹介しているのを見て、どーしても食べたくなったのです。

以前からおいしいというウワサは聞いていたものの、5,000円という値段に躊躇してずーっと買えずにいたのですが!外食も行かなくなったし、思いきりました!

柚子、黒糖きな粉、ジンジャー、黒ゴマなど、さまざまな食材を使った趣向を凝らしたクッキー。どれもなんというか個性的で、素材の味が堪能できる面白い味。

味の説明がしてあるこちらを見比べながら食べるのがまた楽しい!!

どれもユニークな味なんだけど、しばらくするとまた食べたくなってしまう、あと引く味。なんだこれは!?おいしい。

おうち時間の楽しみに、ちびちび食べたいと思います!

クッキー缶はオンラインストアで購入できます。

今朝はおいしく淹れられたチャイとクッキーで最強の組み合わせ!

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガ登録をしておいてください〜。

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第5期は2021年夏に開催予定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。