本日発売ananの「週末 京都。」で、ちょっとだけお手伝い。

  • ブックマーク

大学生の頃、毎週毎週楽しみに買っていた雑誌「anan」。

今回、京都特集の記事を少しだけお手伝いさせていただきました。



あの!憧れの雑誌「anan」の仕事ができるなんて!

年末に大先輩ライター宮下亜紀さんにお声がけいただいたときは、えぇ!って。

えぇ!てなりました。 

乳呑み児を抱えていたので、終日取材は基本諦めていたのですが、

これだけはこれだけはしたい!と思い、夫のスケジュールと照らし合わせて

取材日を決定、取材の合間には授乳に戻り、夜寝かしつけのあとに原稿を書き、
宮下さんにたくさんフォローしてもらって、やり遂げたのでした。
たかだか2ページで大げさかもしれないけれど、赤ちゃんいるとそんな気持ち。

先方が写真差し替えたいと言っている!
文字数溢れるけど、どうしても入れたいことがある!
なんて困ったときに、宮下さんの素早い&細やかなフォローに何度も助けられ。
会社で働いてたら、上司や先輩がいて
こんな風に守ってもらえるのかなぁ、いいなぁ。心強いなぁと思ったことです。

で、年末にお店にアポ入れ、年明けすぐ取材と原稿書き、入稿と

バッタバタな1月でしたが、ようやく今日発行です。 うれしい。

私は大好きな地元・左京区をぐるぐる案内しています。

地元なのに知っているようで知らなかった魅力的なお店もあって、

すごく楽しいお仕事でした。

他の特集も読みごたえ十分。

これ1冊あれば、地元の人も旅の人も存分に京都を楽しめる内容になっています。

本屋さんで見かけたら、どうぞ『購入』して読んでみてください。

この京都特集の回がたくさん売れたら

「ananでまた京都特集するか」ってことになり、

もしかしたら、また私にananの仕事が来るかも!

ていうことになるかもしれないので、

皆さまどうぞ購入して読んでみてくださいね(笑)

 
よろしくお願いします☆ 

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。