京都さくらだより2014…北白川疎水沿い&銀月アパートメント

  • ブックマーク

昨日は保育園がお休みで、息子が終日家にいる…ということで
自動的に私の仕事もお休み。
 

天気が良かったので、お花見散策してきました。
哲学の道辺りから北白川の疎水沿い、そして銀月アパートメントのしだれ桜を堪能。
 

青空に映える薄ピンク色がとてもキレイでした!
哲学の道の桜は8.9分先といったところ。
この週末にかけて満開になりそうだけど、明日から京都はお天気くずれる予報、 
そして、日曜日は晴れるとか!
 

 

哲学の道は、平日だというのに本当にすごい人人人!

ちなみにこれは、哲学の道のそばにある、ヴォーリズ建築「GOSPEL」というカフェ。
何という素敵な佇まい!
一度行ってみたいと思いつつ、未だ行けていないお店の一つ。

その後、北白川疎水沿いに移動したのですが、
こちらは人が少なく、ゆっくり静かに桜を鑑賞できました。

 

ここは地元の人がひっそり桜を楽しむといった感じ。
本当は内緒にしておきたいけど、言わずにいられない美しさ。 
 

疎水沿いには、お楽しみがもりだくさん。
 

私の大好きな洋館、駒井邸があるし!
駒井邸の2階の書斎から見る桜はどんなだろう。
で、行ってみたら、残念ながら駒井邸は4月いっぱい工事のため休館。
残念すぎる。なぜこの時期に~! 
 

けど仕方ない。もう一つのお楽しみへ。
 

駒井邸の北にある、銀月アパートメント。
ここのしだれ桜をお目当てに、疎水沿いをテクテク歩いてきたのです。
 

ちょーど見頃を迎えていました。
春ってあっという間に来るんですね。 
 

この古めかしい洋館と、鮮やかな桜との対比がもう、何とも言えない!
「洋館と桜」といえば、私が一番好きな京都の桜はやっぱり
京都府庁の窓越しに見る中庭の桜

こちらも今見ごろを迎えてるそうで。今年は見に行けるかなー。
 

京都は、今週、来週あたりが桜のピークでしょうか。
 

いつも美しい桜の写真をリアルタイルで更新しているカメラマンさん、
貞松さんのブログも要チェックです→その先の京都へ 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)ただいま募集中です!申込は5/23(土)まで。

先着順とさせていただきます。

定員になり次第募集を終了しますので、ご検討の方はお早めに、お申し込みくださいませ。

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。