京都の歳時記がオリジナル落語に!「デジスタイル京都」で楽しむ京都の12ヵ月

  • ブックマーク

 

京都のさまざまなイベント情報を網羅するサイト「デジスタイル京都」にて、
動画作成のお手伝いをさせていただきました。 

皆さまARって、ご存知ですか?
私はこのお仕事をするにあたって、初めて知った言葉なのですが、
検索してみると…

「AR(エー・アール)」とは、Augmented Reality(拡張現実)の略だとか。

だそうで。
…いろいろ検索した結果、ますますよく分からない状態になっていますが、
簡単に説明すると、

紙面に掲載されている写真などにスマホをかざすと、
動画を見れたりするもの…

だと思われます、多分。

とにかく、スマホで動画が楽しめるというこのAR。
スタジオ彩稜では、この動画作りのお手伝いをしたという訳です。 

サイトからカレンダーをダウンロードして、ココアルというアプリを起動。
イラストにスマホをかざすと、オリジナル落語が楽しめます。

落語は、12ヵ月分全て今回のために作られたオリジナル。
1月なら1月の京都の催事記や、へぇ!そうなんだという豆知識も盛り込んであり、
聞くだけでちょっと京都ツウになれそうな内容になっています。

撮影は、落語の最初から最後まで通して一発で撮影するというスタイル。
途中で、噛んだり、失敗したりしたらまた最初から取り直すという…
演者にとっては、とても過酷な撮影スタイル。

撮影している側も、音を立てないよう静かに落語を聞かなきゃいけないもんだから、
どんなに面白いオチがあっても笑うのをガマン!

今は1月、「伏見稲荷の初詣」をテーマにした落語が楽しめます。
スマホをお持ちの方は、ぜひ一度AR体験、してみてください♪

で、動画のお仕事って、やっていてとても面白いので、
どなたかまたスタジオ彩稜に動画のお仕事ください(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。