Apple AirPods Proのイヤホンを買ったら、ノイズキャンセリング機能がとても良かった!

  • ブックマーク

自粛生活が続く中で、オンラインでのやり取りが増えたここ最近。

Zoomで画面を通して会話をする際、今まではイヤホンのコードをパソコンに差して使っていました。

が、この場合、会話しながら、キーボードを打つときにコードがどうしても邪魔で、しかも、ちょっと椅子から立ち上がって移動しようものならコードが引っかかったりして。

あとはイヤホンをしている自分の姿を画面で見るのも、なんだかスッキリしなくて、いやだなぁと思っていました。

そうしたら、ある方がApple AirPods Proのイヤホンを装着されていて、見た目スッキリ!すごくいいなぁと憧れたのですが、そのお値段3万円…!!!

わたし

たかだかイヤホンに3万円は、た、高い!!!

と悩んだのですが、大学の前期授業はすべてオンラインで実施することが決まっているし、今月末から始まる「京都ライター塾」もオンライン。イヤホンはこれかち死ぬほど使うことになる!と考えると、すぐに元は取れるのではないか…?

ともう思い込んでしまって、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したのでした。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,000 (2020/09/19 19:23:01時点 Amazon調べ-詳細)

Apple AirPods Proのイヤホンが来た!!

イヤホンはこんなケースに入っていました。ケースごと充電できるシステム。

開けると、イヤホンが2つ。ケースを開いて、iPhoneに近づけるだけで、すぐにペアリングできてしまいました。なんという手軽さ!なんという最新システム!! 感動。

装着感

落ちないのかなと心配になるくらいの小ささだったけれど、着けてみると装着感はとてもよい。気持ちよく耳にフィットしてくれる。とはいえ、イヤホンを長時間していると耳が痛くなる…(笑)それはどのイヤホンも同じか。

でもイヤーピースのサイズがS・M・Lと、3つあり調整できるようになっているのがうれしい。

あ、そうそう。耳に装着すると勝手にスイッチが入る。すごい!

ノイズキャンセリング機能

このイヤホンを使ってみて何より感動したのが、ノイズキャンセリング機能。ノイズを軽減してくれる機能があるイヤホンがあることは知っていたけど、耳栓と何が違うの?くらいにしか思っていなかったし、耳栓をしていても雑音は聞こえてくるし、その機能に全然期待していなかったのですが。

最新機能はすごかった!!!

イヤホンをして、ノイズキャンセリング機能をオンにすると、さっきまで聞こえていた冷蔵庫のブーンという音や洗濯機の回る音がスイッチを切ったかのようにスッと消える。それどころか、深い海の中に瞬間移動したような感覚になる。一気に静けさの中に放り込まれるような感じ。

着けていると、すごく静かな気持ちになれる。

原稿を書くとき、私はまわりの音がすごく気になるので(テレビの音とか、子どもの声とか、近所の田んぼの作業の音とか、小学校から流れてくる音楽とか)、これから仕事中はこのイヤホンを着けていれば、雑音を気にすることなく作業に集中できそう!

うれしい!!

私は静けさを手に入れた!(笑)

音質

高音がどうとか、低音がどうとか。音に関しては全然詳しくないので音質については、私からとくに何も言えない。普通に気持ちよく音楽が聴けるという、何の役にも立たない情報だけ明記しておく。

マイク機能

Zoomを使ったとき、マイク機能はどうなんだろうと思い、コードのイヤホンとApple AirPods Proのイヤホンと比べてみた。

夫に言わせると、Apple AirPods Proのイヤホンより、コードのイヤホンを着けて話したときの方が音がクリアに聞こえるのだそう。そうか…。勝てなかったか。コードのイヤホンの方が、マイク位置が口元に近いし、ちゃんと音を拾ってくれるのかもしれない。

自分が話す講義をするときはコード付きイヤホンで、受講する側のときはApple AirPods Proを使おうかな…。迷うな。3万円もしたのにコードイヤホンに負けるとは。

で、

ノイズキャンセリング機能をオンにしたまま話すと、自分の声がくぐもった感じで聞こえにくくて、話しにくいな!と思ったら、ノイズキャンセリング機能をオフにして「外部音取り込みモード」にすれば解決した。これなら、外の音もきちんと拾ってくれる。切り替えはイヤホンのボタン部分を押せば、すぐに切り替えられる。聴いている音楽を止めるのも、ボタン一つ。

この切り替えるしぐさがスパイみたいで、カッコいい。

結論

で、いろいろな機能をトータルで考えると、とても良い買い物をしたなぁと思う。オンラインでのコミュニケーションも、これから当たり前になっていくだろうから、きっとこのイヤホンの出番はさらに増えるでしょう。

何よりノイズキャンセリング機能のすごさを思い知ったので、これはよかった。知らない間に時代は進んでいるのだなぁと思った昭和生まれ。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,000 (2020/09/19 19:23:01時点 Amazon調べ-詳細)

イヤホンの次にほしいのが、これ!肌をキレイに見せてくれる照明!

画面越しに、ちょっとでもキレイに見せられるなら、そりぁ、見せたいよなぁと思う。夫に言うと「そんなもん、いらん!」と一蹴されただけだった。けど、3,800円でキレイに見せられるなら、ファンデーションを買う感覚で、買ってしまってもいいんじゃないだろーかと思っている。もし買ったらまた紹介します(笑)

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。