近藤雄生さんの著書「終わりなき旅の終わり――さらば、遊牧夫婦」読了。

  • ブックマーク

発売されてすでに1か月以上経っておりますが…!
夫婦で世界一周の旅をした近藤雄生さん遊牧夫婦シリーズ、
ラストとなる
「終わりなき旅の終わり――さらば、遊牧夫婦」のご紹介。

私は買った日の夜、なぜか眠れなかったので、朝方4時まで起きて一気に読んでしまいました。

今回も世界一周の旅に興味があることはもちろん、
帯にあった「5年旅して『夫婦』になった」というコメントが気になっていて。

夫婦でずっと世界各地をまわるのって、どんなものだろうって興味があったので、
そちらも楽しみに読み進めていました。

旅の途中に2人がケンカしたエピソードも載っていて、
「そーれは近藤さんが悪いでしょう!」と、どうしても奥さん側の立場にたちながら。

私は奥さん側からみた、女性の視点での世界一周の旅というのが
ものすごく気になるので、いつかどこかでお話聞けないかなと願っています。

あと、近藤さんの旅する場所、地名が、私の頭の中の地図では全然どこか分からず、
スマホでgoogleマップを開いて、おお、このお話の場所はここか!こんな場所まで行ったのか!とか、
地図と照らし合わせながら楽しんだのでした。

世界史で習った場所、聞いたことだけある地名が、
近藤さんの本を読んで、ぐっと身近になっていくのが楽しかった。
近藤さんの文章がこれまた表現豊かで、
読んでいると、まるで自分が近藤さんと同じ地に立っているような
気持ちになってくるからすごい。 

そして幸運にも、本を読んですぐに近藤さんとお会いする機会があり、
前回の「中国でお尻を手術」 と同様に、本にサインをもらっちゃいました(*^-^)

 

旅をしながら行く先々でいろんな出会いがあって、いろんなハプニングがあって、
いうなれば、近藤さんて他の誰も持っていないネタをめちゃくちゃたくさん持っているわけで、
本を読み終わった後、私はそれが心底羨ましかった。

私もあんな面白エピソード、もっとたくさん経験したい(大変そうなのもあったけど)

それで後日、近藤さんにお会いしたときにそのことを伝えてみたら、
5年も前に終わった旅のネタをいつまでも引っ張っているのが辛い…
と笑いながら話していて、そういうもんなのかなぁと思ったり。

でも経験したことのない私からすれば、いつまでも色褪せない興味深いことだし、ホント羨ましい。

とか思う私とは裏腹に、「旅のことを全3巻書き終えた今、本当に旅の終止符が打てた、
これからまた新しいスタート」って晴れ晴れした感じでお話してたのが、すごく印象的でした。 

で!

この本の刊行を記念して、来週、近藤さんが大阪で
とっても面白そうなトークショーをされるということで、合わせて紹介。

——

今大阪で注目本屋さん「スタンダードブックストア」にて、ちちんぷいぷいでお馴染み、
アナウンサーの西靖さんと近藤雄生さんによる対談トークショーが開催されます!

【日時】
2013年10月10日(木)
開場18:45 開演19:30

【会場】
スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
大阪市中央区西心斎橋2-2-12
クリスタグランドビル
TEL 06-6484-2239
■営業時間:11:00~22:30

【料金】
1,000円(1ドリンク付き)

 詳しくは、スタンダードブックストアのサイトにて→

終わりなき旅の終わり さらば、遊牧夫婦
近藤雄生
ミシマ社

全3巻をセットにして、新婚さんへ贈り物にしたらいいんじゃない!
って近藤さんがすごく盛り上がっていたので、面白かった(笑)
というわけで、贈り物にもぜひ。

近藤さんとお会いしたときに伺ったカフェ、アイタルガボンが素敵だったので、
また後日紹介します。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。