一田憲子さんの著書「丁寧に暮らしている暇はないけれど。」読了。真似したくなるアイデアがいっぱいでした!

  • ブックマーク

雑誌「暮らしのおへそ」を立ち上げて活躍されているほか、「大人になったら着たい服」など、とにかく私の好きな雑誌に数多く携わっている憧れの編集ディレクター・一田憲子(いちだのりこ)さん。

著書を出されるというので、発売前から予約してその日を楽しみにしていたのでした。

なんといっても、まずタイトルがいい!

丁寧に暮らしたいけれど、丁寧に暮らすには手間がかかる、時間がかかる、そんな暇はない!というまさに私の心の叫びがそのままタイトルになったよう。

一田さんはこれまで数々の魅力ある人を取材されてきた方。本を読んでいたら、一田さんがインタビュー中にこれ!と思ったアイデアを暮らしに取り入れて、忙しい毎日の中でも、自分の中に軸を持って、すごく自由に暮らしている印象を受けました。

副題にある通り、「時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵」がもりもり盛り込んで合って、私もできそうなことから真似したいなぁと思って、最初にやってみたのがこれ。

時間をかけずにきれいを保つ掃除法の中で、「予防する」という掃除もあると紹介されていたもので、排水口からトラップとごみ受けをはずして、乾かしておけば、汚れることもないよ、というアイデア。

写真は、夫に「こんなアイデアがあるよ」と言ったら、やっておいてくれたもの。朝起きたらこんな状態で、ものすごく気分が良かった!! あのヌメヌメした汚れ、本当に嫌なものだけど、寝る前にはずして乾かしておくだけという簡単ことで防げるというわけ。たったそれだけで、こんなにも気分爽快になれるなら、と私もするようになりました。

ほかにも、気軽に取り入れられそうなアイデアがたくさん。もう一回じっくり読み直して、ちょっとずつ真似していってみたいなぁ。

丁寧に暮らしている暇はないけれど。 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵 [ 一田 憲子 ]
created by Rinker

読書の記録はこちらに。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。