想像以上に美しかった!二条城の桜ライトアップ

  • ブックマーク

友達に招待券をもらったし…という理由で
昨日ふらりと二条城のライトアップに行ってきました。
二条城に行くのは、大学生の時以来、実に15年ぶり。
近くにあってもなかなか行かないもんですね。
 

で、二条城って誰が作ったんだっけ?ということで、検索して
そーか、徳川家康が作ったのか!え?400年以上も前に!? 

という驚きとともに。

タダで入れるし…とあんまり期待もせず、行ってみたのですが…
桜が想像以上に美しくて、感動しました!

いやー、素晴らしいです。皆さまどうぞ行ってみてください、今週の日曜までやっているので!
ちなみに、ライトアップ時の入城料は400円ですが、着物の人は無料で入れますよ!

城内に、桜の園というエリアがあるのですが、
そこの桜の木が照明により暗闇に浮かびあがる様子は、本当に幻想的!

八重桜(?)のような、ぽってりした桜が咲き乱れておりました。

 

お堀に映り込む桜もキレイ。だったんですが、スマホの写真はこれが限界…。

庭園の北側は、長ーい桜の木のトンネル。

このしだれ桜が一番好きでした、わたくし。
幽玄という表現がぴったり。

お庭が結構広くて、のんびり歩いていたら、ぐるっと回るのに1時間弱かかったかな。

桜を堪能した後は、物産展のエリアが。

お蕎麦やみたらし団子、ソフトクリームのお店が並んでいたり、
京土産もあれこれ購入でき、こちらもなかなかの賑わい。

観光シーズンになると、あえてこの時期に観光地に行かんでも…と
人混みを避けてしまいますが、飛び込んでみるとやっぱり面白くて、
多くの人が引きつけられるのも分かるし、
京都ってやっぱり魅力的な街なんだなぁと再確認。

二条城の桜はまだまだ見頃、ぜひ夜桜、楽しんでみて下さい★ 

 

京都市文化市民局元離宮二条城事務所 
住所:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地
TEL:075-841-0096

 

開催期間:2014年3月21日(金・祝)~4月13日(日)
入城受付時間:18:00~231:00(閉城21:30)
入城料:一般400円、小中高生200円 ※和装の方は無料

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期は未定。

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。