目の前にある平和な世界を生きる。

  • ブックマーク

原稿を書きながら、合間にネットを徘徊していると、新型コロナウイルスの話題で持ち切りで、イベント自粛10日程度延長だし、パンデミックだし、トイレットぺーパーは売り切れてるし、ものすごい世界中が大パニック!!!みたいな気持ちになって、激しく落ち込んでくる。

資料で読んでいる本「絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理」に、10分でも散歩をした方がいいと書いてあったので、読み終わる前にさっそく気分転換に近所を散歩してみた。

そうしたら、そこには何とも平和な世界が広がっていた。

雲ひとつない空は爽快だし、菜の花は咲いてるし、のどか〜。

あっ、私はとっても平和な世界に生きていたんだって、ハッとした。

今の時代、情報過多で、いらない情報まで受け取ってしまって、かつ、その情報に振り回されすぎなんだよなぁと思う。

特に私は、性格的に自分と他人との境界線が弱く、影響を受けやすいということが分かったので、目にする情報には気を付けないとなぁって改めて思う。

今はいろんなところで沈丁花が咲いていて、散歩中にもいい薫りがふっと鼻をかすめる。と、すかさず花がどこにあるかを見つけて、匂う!!!深く息を吸い込む!!!!

あぁ、本当にいい薫りだなぁ、沈丁花。庭に植えたいな。

何だか、これからのことを思うと、いろいろ不安になるけど、パソコン画面からふと顔を上げて、外を見てみたら、まだ何にも心配なことは起こっていなかった。

不安な未来じゃなく、今・今・今、今を生きようって、10分の散歩をして思ったのでした。

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は5月末スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。