8月13日(火)弟も帰省。家族揃って庭でバーベキュー【夏休み遅ればせ日記】

  • ブックマーク

お寺は、いよいよ忙しくなる8月13日。

住職である父は檀家さんの家々をめぐり、夫はその運転手として同行。夫は私よりお寺の仕事を手伝っていてすごいなぁ。私は子守り。

朝、弟が帰ってくるので飛行場まで迎えに行く。まだまだ赤ちゃん(生後8ヶ月)の甥っ子に会える喜び。赤ちゃんて、こんなに小さくてぷにぷにしてたっけ。

逆立ちに夢中の娘

この夏休み中、ずーっと逆立ちの相手をさせられていた私。

この本を読んで改めて認識したのだけど、私は完全なる内向型で、誰かと一緒にいるだけで消耗してゆく。実家に帰ると、1人になる時間がほとんど持てず、辛い。

[itemlink post_id=”19055″]

内向的であればあるほど、あなたには、刺激を処理し、充電するための静かな環境が必要となる。なぜ処理の時間がそこまで重要なのか? なぜなら、それがなければ情報が満杯になってしまうからだ。新たな情報が古い情報の上につぎつぎ重なり、突然、入り口がふさがって、あなたはシャットダウンしてしまう

まさにこれ。

夜はバーベキュー

いつもは親戚や友だちも呼んで、賑やかにやるバーベキュー。今年は急きょすることにしたので、家族だけでこじんまり。

食べたあとは花火。

夏休みっぽいな。

江角悠子の情報はメルマガを中心に発信しています。

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、お手紙のようなメール」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひ下記写真をクリックして登録してみてください〜。

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。ゴールは、単にライターになるだけではなく、理想の暮らしを叶えて幸せになるために、ライターとして活動する。そのための「書くを仕事にする」方法を余すことなくお伝えします。

第8期(グループ講座)は2023年1月開催予定です。