満たされた休日。

2月11日の祝日。

なんかすごくいい日を過ごせたなと1日の最後に思ったので、忘れないようメモ。

なんてことない休日なんだけど。

朝、息子がゲームをやり終えるのを待って、コストコへ。牛肉の塊や冷凍の小籠包など見るもの見るものほしくなる。コストコって何であんなに物欲を刺激するのか。大量のテーブルロールなど買い込んで、1万円ちょっと。

ホットドックを食べようと思っていたのに飲食コーナーが工事中で断念。お寿司を買って、フォークで食べる。

安いけど、ちゃんとおいしかった!

その後、夫がアルペンアウトドアーズでキャンプ用品が見たいというので移動。店内には子どもが遊べるキッズコーナーがあるのだけど、キッズコーナーがあるからといって、大人がゆっくり買い物できるかといったら全然そうではない。

「おかーさん、見て〜」「おかーさん、来て〜」「見といて〜」「おかーさ〜〜〜ん!!!」

ってなるから、キッズコーナーさえ作っておけば「お父さんお母さんも安心して買い物できます」ってなると思ったら、大間違いだからな!と悪態をつきたくなる。結局セブンティーンアイスを食べさせている間(10分くらい)だけゆっくり見れた。

次のキャンプに向けて、妄想を膨らませた後は温泉へ!

松井山手にあるSPA&HOTEL水春 松井山手へ。ライター友だちが「ココいいよ」!と言っていたので、いつか行きたいと思っていたところ。ここが…想像以上に良かった。温泉の種類がいろいろあって、清潔感と高級感があって、子どもたちも大満足。大人1000円でちょっと高いかなと思ったけど、充分にその価値があった。

次行くときは1人で行って、温泉入って、岩盤浴もして、その後マッサージして、だらだらマンガ読んで、ご飯食べてまた温泉入って…って感じで1日過ごしたいと目論んでいる。

その後、近所で買い物。子どもたちの靴が古くなったと言い張るので、急きょ買うことに。新品の靴があると、次の日よろこんで保育園や学校に行ってくれるのが良い。

夜は、コストコで買った牛肉の塊を薄く切って、鉄板で焼肉。思いの外おいしくて、大満足。

なんか、それだけなんだけど、いい一日だった。

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第2期ライター塾は4月22日スタート!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)の募集に関して、メルマガに登録してくれた方から先行してお知らせします。

ぜひメルマガにご登録ください!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや、ブログに書けないような日々の気づきなどを綴っています。最近多いのは、自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事です。