おらがむら漬が大人気の「ニシダや 辻村安右衛門店」〜きょうとおつけもんライフにて「京都おつけもん探訪記」が更新〜

\探して、楽しみ、味わう京都ツウのためのお漬物サイト/

きょうとおつけもんライフの連載「京都おつけもん探訪記」の9回目が更新されています!

広告

ニシダや 辻村安右衛門店

今回紹介しているのは、今熊野にある「ニシダや 辻村安右衛門店」です。

京都人にはおなじみの「おらがむら漬」のお店。名前は知らなくても、このオレンジのパッケージを見たことあるという人は多いのではないでしょうか。

取材時に一番印象的だったのが、お客様が一度に購入するその数。30個、50個と大量買いする人がほとんどで、あまりの人気ぶりを目の当たりにして、本当に驚いたのでした!

詳しくはぜひ記事にて!

我が家で人気の「胡瓜しば漬」

取材時に、胡瓜だけを選び出した「胡瓜しば漬」もあるということを知り、購入。

しば漬には茄子が入っているものも多いけれど、なかでも私は胡瓜のパリパリ感が大好きで!

それが存分に楽しめる商品があるなんて!ありがたい!(お客様からの要望で生まれた商品だそう)

パッケージはちょっと違う。

大好きな胡瓜だけを楽しめるってことで、我が家でも大人気。

朝ご飯に出したら、1パックがすぐになくなってしまい、大量買いするお客様の気持ちがよく分かった…!

京土産にもぜひ!

 

 

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!