阪急うめだ本店4階に「Yasutoshi Ezumi」のリミテッドショップ、オープン!

  • ブックマーク

先週水曜日より、阪急うめだ本店4階で、弟で、
ファッションデザイナー江角泰俊の洋服が購入できる、
「Yasutoshi Ezumi」のリミテッドショップがオープンしています!

昨日は午後から本人が来てトークショーをするということで、行ってきました。

昨日今日と春の嵐が来るとかで、子どもを連れて移動するのがちょっとめんどくさいか…も…
と思って、一度はやめようかとも思ったんですが(笑)
かわいい弟に会うためにはるばる行ってきました、梅田まで。

 

4階のコトコトステージで、こんな感じでありました。
ブランドができるまで、ブランドのコンセプト、春夏のテーマなどなど。

やっぱりデザイナーの思いを知ると、がぜんモノに興味が湧いてくる…というのは
弟かどうかとかもう関係なく…

弟の服が高いのは分かっていたので、この日購入する気は一切なかったのですが、
可愛い服があったので試着してみたら…
あまりに可愛いので買ってしまいました、青いカーディガン。

鮮やかな青い色と、カーディガンの形がすごく気に入っています。
後ろはお尻が半分隠れるくらいの長さで(←これ大事)前はすっきり短い。
あと、前から後ろにかけてのドレープがまた女性らしくて、ここがまたすごくかわいいんですが、
この写真では、そこが何とも伝わらずスミマセン。 

それと、袖が少し長めなのも気に入っています。なんか上品な感じ。
薄手のコートを羽織ったときなんかに、袖口からちらっと鮮やかな青色が見えるのが気に入っています。
 

お値段、約3万円(た、たかいよ。ねーちゃん頑張ったよ)
ジーンズにも何にでも合わせやすいので、着倒してやろうと思っています(笑)
家で洗濯できる素材というのも、購入したポイント。 

ま、応援する意味で頑張って買ってみました。
(というのは口実で、本当は欲しかっただけです) 
10万円ぐらい握りしめて、あれこれ買いたかった。
ブラウスとかセーターとか、気に入った服がいろいろありました。 

リミテッドショップは、9日(火)までなので、
興味のある方はぜひ、足を運んでみて下さい。
 

全部ではないですが、WEBでも購入できます。

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。