「ブルキナのかごと布とお土産展」@堺町画廊

広告

堺町画廊で開かれている「ブルキナのかごと布とお土産展」に行ってきました。Facebookにカゴがずらりと並んでいる写真がアップされていて、カゴ好きとしてはいてもたってもいられない。

text by:江角悠子(@ezu1030

「ブルキナのかごと布とお土産展」

会場に着いたら、写真通りカゴ!カゴ!カゴ!大・中・小さらにミニミニサイズ、模様も色もさまざまなカゴが並んでいました。

部屋に置いておく用か、持ち歩く用か、何に使おうか考えながらあれこれ眺める。手に取る。また眺める。カゴを買うことが先決で何に使うかは後。とりあえずなぜか(異様に)カゴが欲しい。

吊り下げられていたカゴのサイズが、カバンとして持ち歩くのにちょうど良さそうだったので、実際に長財布が入るか入れさせてもらって(ギリギリ入った。でも入ってなくても買った)、こちらに決定。

コロンと可愛いサイズで、値段もお手頃。税込2700円。

わたし用に買ったのに、娘がカゴを気に入って離さない。

赤ずきんちゃんばりにお花摘んで、カゴに入れています。娘にちょうどいいサイズなのかもしれない。

というわけで、このカゴ展は今週日曜日まで!カゴ好きの方はぜひどうぞ。最終日にはお話会も開かれるようです。

 

開催:5月21日(日)まで
時間:11時〜19時まで(最終日は18時)

<お話会>
5月21日 11時〜13時
ランチ付き 2000円(小学生以下500円、幼児無料)
ご予約・お問い合わせはスコホまで
09095434044
masuji90@maia.enet.ne.jp

かご展から徒歩5分。こちらも合わせてどうぞ。

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!