夏休み(子連れOK!)オススメお出かけスポット「美山」

  • ブックマーク

先月、古民家の宿というテーマで原稿を書いていたため
なーんか古民家を見たくなり。
前々からずっと行きたいと思っていた美山へ行ってきました。

京都市内から車で約1時間半。
緑濃い山の中を走り抜けると、見えてきます。
茅葺きの屋根の家々が!

ここは、日本の原風景が残る美山「かやぶきの里」
この風景だけ見てると、まるで日本昔話。
丸いポストがあったり、レトロな看板があったり、
ゆる~い空気が流れていて、ここにいるだけで心和むよう。

 

たぶんほとんどが普通の民家で、洗濯物が干してあったり、
普段の暮らしが垣間見られる中に
カフェ&ギャラリーのお店があったり、
美山民俗資料館として開放されていたり。

古民家そのままのカフェにお邪魔したら、
縁側に吹く風があまりに気持ちよくて
離れがたいことこの上ない。

 

「かやぶきの里」から車で5分ほどのところには
美山町立自然文化村&河鹿荘というところがあって、
宿泊もできれば、温泉もあり、キャンプやバーベキューもできる、
とっておきの場所があります。

施設のすぐ裏には川が流れていて、
川遊びができるエリアも。

お土産には、美山でとれたお米や、きび、あわ、
ヨモギなんかで作られたお餅やお団子を。
とってもおいしそうでした。

京都市内からドライブするのにちょうどいい距離なのに、
ものすごーく遠くまで来た気分。
圧倒的な緑に癒されます、ホント。
秋になったらまた行ってみたい。

かやぶきの里 きたむら

美山町自然文化村 河鹿荘

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。