花・谷中

  • ブックマーク

忘れてた「花・谷中」を紹介するのを。
普通の花屋さんとはどこか違う、上品な佇まいの花屋さんを。
と言うわけで、2件連続アップ!

静かな住宅街に位置する小さなお花屋さん「花・谷中」。
昭和初期に建てられた建物には、入り口に暖簾がかけられ、風情たっぷり。

ここは繊細ではかない、そんな日本で昔から愛されてきた和の花にこだわった花屋さん。
洋花は見慣れているけれど、あらためて日本の花を見ると、
パッとした派手な華やかさと言うより
清楚で可憐な、なんともいえない華やかさがあって、いいなと思った。

店の奥では、いけばな教室もしているようで、
生徒さんが一人、たくさんの花を前に見事ないけばなを作り上げていた。
最近ではウェディング会場の飾りつけもしているそう。

ここを紹介してくれた人は、もう10何年もここの花屋さんに
お茶席の花を相談しているそう。
季節に合わせた花選び、枝ぶりを見分けるご主人のセンスが素晴らしいと
大絶賛。和花だけではなく和室に合う洋花を提案してもらったり、
町の花屋さんでは見ないような、変わった花も扱っていたり、
来るたびに新しい発見があると。

贈り物にあげる花と言うより、
自分のために花を買う時、
行きたいなと思ったお店。

花・谷中
住所:京都市北大路堀川下ル二筋目東入ル
電話:075-431-7757 不定休

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。