「ゲベッケン」のお得感いっぱいランチ。伏見のおいしく可愛いパン屋さん

  • ブックマーク

取材の合間のお楽しみ、ランチで行ったお店がとってもおいしかったので紹介します。
京阪藤森駅の近く、焼き立てパンと洋菓子のお店「ゲベッケン」です。

ゲベッケンは、ここ深草本店と、丹波橋店、泉涌寺店と3店舗もあるお店。
お店の外観がまず可愛らしくて、それだけで行きたくなる。

お店に入ってすぐのパンを売っているところ。
ハード系から、お総菜パンやデザート系も。種類豊富。

で、その奥と2階がカフェ。

お昼のメニューは、Aランチ1180円と Bランチ880円 。
デザートとドリンクが付くかどうかの違いです。

前菜とスープ、メインのパスタは3種から選べます。

まずはスープ。クルトン代わりの、揚げパンスティックがかわいい。

そして、パン3種盛り!

ランチで付くパンといえば、2種類くらいのお店が多いので
パン屋さんだけあって、すごいサービス満点!という印象。

パン好きなので、とってもうれしい。
クルミパンとレーズンパンと、ベーコンマヨのパン。 

続いて、前菜。

880円というお手頃価格なのに、こーんなしっかりした前菜が来て驚いた!
サラダの野菜もおいしくって、キッシュもあるし、
しっかり手の込んだ味がして、これがすごくおいしい。

私の選んだパスタは、「生クリームと卵 あさつきの香り」というもの。
いわゆる、カルボナーラ。

あとは、「たっぷりキノコのトマトソース」と「ペペロンチーノ アンチョビとキャベツ」があり。

あとから、店員さんが来てくれて、パスタの上に直接チーズをすりおろしてくれた、の図。
こんなん、うれしい。

途中、パンのお代わりいかがですか?って言われたけれど、もうお腹いっぱい。

880円でこの内容!
食後に、伏見の名水を使ったという6枚切りの食パンも購入して、1090円ほど。
何だかいろいろお得すぎて、パンのお土産までもらっちゃったという感覚で帰ってきたのでした。 

ゲベッケン深草本店
住所:京都市伏見区深草西浦町6-70
電話:075-644-7782
時間:7:00~ ランチは、11:00~15:00
休み:年末年始 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。