京都「金網つじ」の焼き網でトースト!カリッふわな焼き上がり!

広告

ずいぶん前に、取材で辻和金網さんを訪ねて“その”存在を知って以来、ずっーと欲しいと思っていた「焼き網」

先日、ついに買っちゃいました。

広告

金網つじの焼き網を購入

殺し文句は、「この焼き網でパンを焼いたら、すごくおいしいんですよ~」という一言。
焼き網でトースト…。これに憧れ続けてはや数年。

7~8年前にホームセンターで1,000円とかで購入した
激安トースターをこないだ遂に捨ててやり、 やっと焼き網を手にしたのです。

京都で焼き網は、辻和さんの焼き網と、もう一つ、
金網つじさんの焼き網とがあり、どちらにしようか迷っていたのですが…。

ちなみに、辻和さんのはこちら↓

で、迷った末に私が購入したのは、金網つじの焼き網。こちら↓


※今は新しくなっています→手付きセラミック付き焼き網

こちら、四条烏丸にある中川政七商店でも扱っていて、受け皿になる部分が白く、その見た目の可愛さに惹かれ、決定(笑)

アマゾンでも、楽天でも売切なんだけど、よく似たものがこちらにあった…!かなり安いけど、どうなのだ??

created by Rinker
丸十金網(Marujyu-kanaami)
¥960 (2019/06/25 11:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

金網つじの焼き網は、パンを焼くのに最適!

受け皿のようになっているところが、セラミックで、これがあるおかげで、遠赤外線の効果があり、外はカリッと、中はふんわり焼きあがる、とか。

そんな常套句…聞き飽きたって感じですが、これ、本当でした。

私が買ったのは、大サイズ 5250円。食パンは頑張ったら2枚置けるくらいの大きさです(今は値上がりしたようです)

そして、外側だけカリって焼けます。中は水分が残ったまんまなので、ふんわり。

うれしくって、お餅も焼いてみました。これからお正月の時期にさらに活躍してくれそう。

トースターと違って、いちいち網を洗わないといけないとか、チーズトーストにしようと思ったら、上のチーズが溶けないとか、パンのカスがコンロに落ちるとか、まぁいろいろ不便もありますが(笑)何が違うって、これを使っていると私の気分が違う!

ちょっとだけ優雅な気持ちで朝ごはんの準備ができるので、私は満足しています。映画「かもめ食堂」の気分。

これで、私の憧れる「丁寧な暮らし」に一歩近づいた…か?

次に狙っているのは、おひつ、です。炊いたご飯を入れておく、おひつ。炊飯器にご飯を入れたまま保温しておくのって、いろいろもったいない気がして。楽なのでそうしちゃっていますが。土鍋で炊いたご飯をおひつにいれておく、優雅な暮らし…。いつか叶えたい…。

【送料無料】木製おひつ-木曽さわらの特級厚口江戸びつ 3合

created by Rinker
¥8,780 (2019/06/25 19:08:08時点 楽天市場調べ-詳細)
広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\「ライターお悩み相談室」を開催/

フリーライター歴12年のわたくし江角が、毎回違ったゲストを招いて、ライター業に関するさまざまな疑問、お悩みの相談にのっています。

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!