ことり会だよりvol.3、経費はいかに?

  • ブックマーク

ことり会だよりVOL.2の発行から約1ヵ月。

お店に取にいったよーと言ってもらえたり、
「届きましたー」というお礼のお手紙をいただいたり、
メールで読んだ感想が届いたり、
本当にうれしいです!ありがとうございますー★

いただいたお手紙は、ことり会メンバーやデザイナーの乙女たち
みんなで、うれしく共有させてもらっています。
にんまりしながら、お手紙読んでいます。笑。 

そして、地味に設置店増えています。
前回紹介したガケ書房ですが、もうなくなったみたいですね。

[設置店 追加]

木屋町のライブハウス&カフェ UrBANGUILD

錦市場にある自然食のお店、hale~晴~

町家の楽しみを満喫できるユースホステル、清水ユースホステル

画箋堂

画箋堂精華大学購買部

京都芸術センター

うめぞのCAFE&GALLERY

梅園河原町店

 

さらに、いったい1冊いくらなのか?ということですが、
かかった経費を計算してみました。

製作費:18万3000円
印刷代:2万6030円
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
合計:20万9030円(1部あたり、約139円)

というわけで、前回は30万近くかかっていたので、
トータルで9万円ほど下がっています(*^-^)

1冊あたりの費用も約197円 →→ 約139円に。

2回目ということで、連載のページなどは、前回のイラストをそのまま生かせたり、
特集ページではイラストが減ったりというのがその理由でしょうか。

モノを作るということは、本当にお金がかかるのですねぇ。

 

もう少し、私の手元には「ことり会だよりvol.2」があります。
遠方の方でほしいという方、もうお店になかった!という方がいらっしゃいましたら、
「ことり会だよりvol.2希望」というタイトルで、writer.ezumi@gmail.comまでメールをください~。

80円切手を貼った返信用封筒(長形3号)をご用意いただくことになりますが、
郵送させていただきます。

よろしくお願いします★

 

そしてそして、プリーペーパーのコンテスト「ARUNO AWARD 2012」にエントリーしていると
先日ブログで紹介しましたが。

なんと、10月12日の速報で、103誌中、9位になっていました!
びっくり! 

 

本当にありがとうございますー。

メンバー全員で、ぽちぽち毎日投票していますが、
それだけでは到底無理!

投票してくださった方、どうもありがとうございますー。
そして、11月11日まで、まだまだ投票可能です(笑) 

 

最新情報はこちらから

ライターを目指す人のための7日間無料メールレッスン

1DAY:どうやったらライターになれるの?
2DAY:ライターとして何を書いて伝えたいのか?
3DAY:ライターって稼げるの? 原稿料についてのお話
4DAY:書くだけではないライター仕事
5DAY:仕事をお願いしたくなるライターとは?
6DAY:受けるべき仕事と断るべき仕事の見分け方
7DAY:編集・ライター技術を身につけて幸せになる!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\京都ライター塾を主宰/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)第3期の開催時期が決定!

最新情報はメルマガにてお知らせします!

お知らせ

noteでは、日々のことを淡々とつづる「つれづれ日記」(無料)と、月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。

有料マガジンでは、ブログに書けないような日々の気づきをはじめ、最近は自己肯定感、虐待、毒親、アルコール依存症、HSP、エンパスについて考察した記事を書くことが多いです。