辻ちゃんのイラストによる「ことり会だより vol.5~京都「瓢亭」の朝がゆ編~」

広告


※画像をクリック!

 

8月末に久々に開催されたリアル「ことり会」。
瓢亭で朝がゆを楽しんだ様子は、私のブログで一足先に紹介していましたが、
辻ちゃんのイラストで見ると、これがまた本当に可愛くて、
おまけに相当楽しそうに見える。笑。

私、このとき髪を切ったばかりだったから
ベリーショートのよう。

初参加のお2人も可愛らしいイラストになって登場しています。
ホントよく特徴つかんでる。もーう、雰囲気が驚くほどそっくり。

辻ちゃんのイラスト版「ことり会だより」が
回を重ねるごとにバージョンアップしているように思えます。クオリティー高い。
だからこそ小さな画像ではなく、大きくドーンとアップして見てみたいなぁ。

大画面で見たいがために、ちょっと「ことり会」のHPについて
いよいよ本気で考えたい。要、旦那に相談。

そして、フリーペーパーの次なる目標は、ことり会の本を出したい!
(私の勝手な野望)

そのための取材は、自腹できちんとお料理代をお支払して、
お客さんとして純粋に楽しんだものを記事にできればなぁ。
と妄想したりしています。

いつも取材に行って思うのですが、取材だからといって相手の好意に甘えて
お料理代支払わないのは、何か違うと思っていて、
おまけに、せっかく作ってくれた料理を次のアポがあるからといって
急いで食べたりして、それもすごく失礼だなぁという思いがあるので、
そんなのがないような、取材というか体験をして、
そのままの楽しさと京都の魅力を伝えられるような
本がいつか作れたらいいのに。と思ったりしています。

そしたら、辻ちゃんの負担が半端ないけれど(笑)

 

というわけで、じっくり辻ちゃんのイラストと文字、楽しんでみてください★

 

広告

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。

\第1期ライター塾の参加者募集中!/

ライターとして活躍したいと思う人を、もっと具体的に応援したいと思い、この度ライター塾を始めてみることにしました。少人数クラスで、ライターとしての基本、話を聞くこと、書くことを学び、継続して仕事の依頼が来るライターとして活動できるようサポートします。

書くを仕事に!京都ライター塾(プロコース)2020年1月22日(水)からスタートします!

お知らせ

月刊マガジン「京都くらしの編集室」(有料)を書いています。京都で活動するフリーライターのここだけの話。短いエッセイや日々の気づきなどを綴っています!