連載エッセイ(09)「世界で一番悲しい歌」

  • ブックマーク
  • -
    コピー

子どもの頃から今もずっと、私の父は朝晩、毎日お経を唱えています。

寺の娘である私にとって、それは日常だったのですが、小学生だったある時、
友達が朝、家まで迎えに来てくれて、 お経を唱える父の声を聞き、
「誰か死んだん?」と恐る恐る聞くので、 あぁ、これはうちだけなのかぁ、
とそのとき初めて気が付いたのでした。

そうやって聞き慣れていたはずのお経でしたが、
妹のお葬式では、本当に本当に嫌な、
呪いをかけるような呪文のように聞こえてきて…。

そんな、私が感じたお経にまつわることなどを書き綴っています。

※エッセイは、画像をクリックすると拡大します。

妙心寺発行:月刊誌『花園』12月号(2011.12.1)掲載

月刊誌『花園』の購読を希望される方は、妙心寺ホームページへどうぞ。

書きたいけど書けない人へ。無料メルマガ配信中!

おかげさまで大変多くの方に購読いただいており「無料でここまで語ってもらえるなんて!」「あったかくてホッとして読むとやる気が出る、私宛のお手紙のよう」など、とっても好評です!!

私の講座やセッション、イベント等はメルマガのみでご案内することがほとんどなので、ぜひメルマガを登録してみてください〜。

 

 

 

 

\京都ライター塾を主宰/

ライター未経験の方や、ちょっと繊細な方も4カ月で「書くを仕事にする」ために必要なことが「ひととおり」学べる「京都ライター塾」。2024年1月スタートの第10期はグループ講座・動画視聴コース共に満席となりました。次回は、2025年1月開講予定です。最新情報はメルマガにてお届けいたします。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

江角悠子

1976年生まれ。京都在住の文筆家・編集者、ときどき大学講師。ブログでは「ふだんの京都」をお伝えするほか、子育てエッセイも。コーヒー・旅・北欧・レトロ建築をこよなく愛す。